現在発売されている不二家の「ネクター ピーチ」です

写真拡大

―[30代が知らないと恥ずかしい! 今さら聞けないお酒のキホン]―

― 第65回 ―

 筆者は7年前、五反田のバーで「GLENMORANGIE NECTAR D’OR(グレンモーレンジ・ネクタードール)」を初めて飲んだのですが、その時失笑ものの失態を晒したので、ナレッジをシェアしたいと思います。

 これどうですか、と出されたボトルのラベルを見て、「桃のニュアンスがあるんですか?」と質問したのです。子供の頃、不二家のネクターが好きだったので、「NECTAR」の文字を見て桃と関連付けました。

 ちなみに、「NECTAR」を冠するお酒はたくさんあります。ウイームスのボトラーズから発売されているブレンデッドモルト「NECTAR GROVE(ネクター・グローブ)」や90年代に終売になっているブレンデッドスコッチ「Highland Nectar(ハイランド・ネクター)」などもあります。

 ベルギーには「ザ・ネクター」というボトラーズブランドを扱うネクター社があります(ボトラーズに関しては第59回「ウィスキー好きならチャレンジしたい「ボトラーズ」の魅力」を参照)。

 シャンパンなら「MOET&CHANDON NECTAR IMPERIAL(モエ・エ・シャンドン ネクター アンペリアル)」、日本では蜂蜜酒の「NektaR.jp」なども作られています。

 ここで1つ覚えていただきたいのは、「NECTAR(ネクター/ネクタル)」は桃のジュースという意味ではない、ということです。

「NECTAR」はギリシア神話における神々の飲み物です。神々の食べ物であるアンブロシアと共に、口にすれば不老不死となる霊酒です。インド神話に出てくる神々の飲み物「SOMA(ソーマ)」は知っていましたが、ネクターは完全に桃のジュースだと思い込んでいたのです。

 ウィスキーの中には、桃のニュアンスのあるものもあります。しかし、繰り返しになりますが「NECTAR」と桃は関係ありません。

 ただ、神々の酒という名前を付けるのですから、そのお酒はなかなかな力を入れて作っていると考えられます。筆者が飲んだ「GLENMORANGIE NECTAR D’OR 12年」も、ソーテルヌワインの樽で熟成した逸品です。ホームページのテイスティングコメント「レモンタルトのように爽やかでクリーミーな香りと、濃厚かつ滑らかなテクスチャーが特徴」の通りでした。

◆ネクターといえば日本人には不二家だが……

 ネクターと桃は関係ないと知り、慌てて調べたところ、その通りだったのですが、副産物として桃のジュースに関するネタも見つかりました。

 筆者はネクターといえば、不二家というイメージだったのですが、こちらもいろいろと勘違いしていたのです。不二家のネクターは1964年に誕生しました。このときは缶切りタイプだったのですが、筆者が生まれた1972年にプルトップになりました。

 実はこの「ネクター」、森永製菓の商標なのですが、ネクターを広めるために、他社でもこの商標を使えるようにしました。その際、「ネクター」と名乗るために、果肉を一定以上使うことを規格として決めています。オレンジなら50%以上、桃なら30%以上、バナナなら20%以上でOKといった具合です。辞書にも「果肉をすりつぶした濃い果汁の商品名」のように載っているとおり、ジュースの場合でも、別に桃に限定されていないのです。しかも、本家は森永製菓でした。

 今日のバー巡りで、ネクターを冠するお酒を見つけたら、ぜひチャレンジしてみることをお勧めします。そして、帰りにはコンビニやスーパーで不二家のネクターを買ってみてはいかがでしょうか。飲み足りない場合は、サッポロビールからは「ネクターサワーピーチ」というお酒も発売されているので、探してみましょう。

―[30代が知らないと恥ずかしい! 今さら聞けないお酒のキホン]―

【柳谷智宣】
お酒を毎晩飲むため、20年前にIT・ビジネスライターとしてデビュー。酒好きが高じて、2011年に原価BARをオープン。2年前に海底熟成ウイスキーを扱う「トゥールビヨン」を立ち上げ、現在販売中