錦織圭、「芝の帝王」フェデラーに敗れベスト8敗退 ウィンブルドン

ざっくり言うと

  • 10日、ウィンブルドン選手権の準々決勝で錦織圭はフェデラーと対戦した
  • 6−4、1−6、4−6、4−6で敗れ、日本人86年ぶりのベスト4進出ならず
  • 第2セット以降まったく隙を見せなかった「芝の帝王」に逆転負けを喫した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング