本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

写真拡大

右手一本でフェンスオーバー、「心に留めておいて、彼は投手だ…」の声

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は30日(日本時間1日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・指名打者」でスタメン出場し、今季初の1試合2発を放った。口火を切った4回の11号ソロは泳がされながら、ほぼ右手一本で右中間に叩き込む衝撃弾。投手も呆然となった一発をエンゼルスも動画付きで公開。「イチローを彷彿させる」と米ファンも唖然としている。

 エンゼルスファンでさえ、驚きが収まらない。衝撃の一発は2点を追う4回先頭で生まれた。大谷は2-2から右腕バシットが投じたカーブに反応。ただ、緩い変化球にタイミングをずらされ、体勢が泳いだ。しかし、そこは日本が誇る怪物だ。バットで押し込んだと当時に左手は離れ、右手一本となった。飛距離は出にくいと思いきや、打球が怪物ぶりを証明した。

 高々と舞った打球はぐんぐん伸びていく。中堅手が背走し、フェンスをよじ登った。まさか――。白球はさらにその上を行き、フェンスオーバーだ。信じられないような一発にスタジアムは瞬く間に騒然た。打たれたバシットが顔をこわばらせ、センター方向を見つめているのが印象的だった。そんな中、背番号17は平然とダイヤモンドを一周するから、なんとも心憎い。

 衝撃の“右手一本弾”の瞬間を、米メディアも大興奮で速報していたが、エンゼルスも球団公式インスタグラムに動画付きで公開。目の当たりにした米ファンからため息が漏れている。

米ファン唖然「イチローのスイングとダッシュを彷彿させる」

「心に留めておいてほしい、彼は投手だ……」
「彼が居て我々は本当にラッキーだ」
「彼は並外れて力強い!!」
「オールスター」
「ビューティフル」
「トラウタニはお気に入りの選手」
「ショータイム」
「高く跳んで、キャッチできると思ったのか?」

 なかには「イチローのスイングとダッシュを彷彿させる」との声まで。大谷の勢いは止まらず、8回にも右翼席に12号ソロを放ち、今季初の1試合2発。6月は自己最多9本のアーチを描いたが、7月は果たして何本か。今月も楽しみな月となりそうだ。(THE ANSWER編集部)