大塚家具の再生条件は「久美子社長」の退陣か 現預金の激減の苦境

ざっくり言うと

  • 「お家騒動」から経営不振が続く大塚家具について、週刊新潮が報じた
  • 3年前には109億円もあった現預金が14億円にまで激減した、と会社関係者
  • 大塚久美子社長が退陣しなければ「銀行団は融資に応じないはず」とのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x