25日、長野県の八ヶ岳連峰で、標高およそ2800メートルの阿弥陀岳に向かっていた7人が滑落したとの通報があったという。長野県警察本部に入った連絡によると、意識不明の人もいるとみられる。警察の山岳遭難救助隊などが救助活動にあたっているとのこと。NHKニュースが報じた。

八ヶ岳連峰で7人が滑落の通報 意識不明者もいるもよう 長野(NHKニュース)