向井慧(パンサー)

写真拡大

13日深夜放送の「浜ちゃんが!」(日本テレビ系)で、お笑いトリオ・パンサーの向井慧が、仕事が減っている苦境を告白した。

番組では、今年変わりたい芸能人として向井が登場。不思議がる浜田雅功に、向井は「我々がどんだけ大変な状況か」とパンサーを取り巻く厳しい現状を打ち明けたのだ。

パンサーは2008年に結成し、わずか2年後の2010年には「333 (トリオさん)」(テレビ朝日系)、2013年には「王様のブランチ」(TBS系)、「笑っていいとも!」(フジテレビ系)にレギュラー出演。さらに冠番組「それゆけ!ゲームパンサー!」(日本テレビ系)を持つなど、若い女性を中心に「出待ち数ナンバーワン」と言われるほど、大人気だった。

ところが、2014年を境に、出演番組が次々と終了し、昨年2016年は「王様のブランチ」を降板する事態に見舞われる。さらに宮城・仙台のレギュラー番組「カノ☆パン」も共演していた狩野英孝が不祥事を起こし、打ち切り。最近では、同じお笑いトリオ・ジャングルポケットの勢いに押され気味だとか。

また、向井はパンサーについて、ブレーンの菅良太郎は「金持ちのお坊ちゃま」「ハングリー精神がない」といい、一方で尾形貴弘は「ガツガツしてるんですけど、能力がない」「うるさいだけ」とダメ出し。賞レースで勝利を収めるだけでなく、売れるように何とか話題になりたいと訴えていた。

【関連記事】
パンサー・尾形貴弘の失態にメンバードン引き「何してんの?」
パンサー・向井慧が狩野英孝とのロケの舞台裏を暴露「9割お蔵と宣言された」
パンサーの向井慧がNON STYLE・井上裕介の代役を受けていると明かす