『A LIFE』打ち上げに参加した及川光博

写真拡大 (全2枚)

 3月19日夜6時、東京・新宿のパーティースペースでドラマ『A LIFE〜愛しき人〜』(TBS系)の打ち上げが開かれた。開宴時刻の少し前、最初に到着した主演の木村拓哉(44才)に続き、竹内結子(36才)、浅野忠信(43才)、松山ケンイチ(32才)、及川光博(47才)ら主要キャストが続々と会場入り。

「スタッフと出演者合わせて100人近くが集まりました。“最高のチームで最高の作品ができました”と木村さんが挨拶されたように、会場もドラマの成功を祝う空気に満ちていました」(番組スタッフ)

 全話平均視聴率14.5%と、今クールのドラマで断トツ1位を記録した同作。反目しあった木村と浅野の「奇跡のコラボオペ」で竹内の難病に挑む…という最終回(平均視聴率16%)を大スクリーンで上映し、出演者一同食い入るように鑑賞していたという。

「木村さんはクランクイン前、焼肉店で共演者を集めた決起集会を開き、撮影中も自腹で作ったオリジナルジャンパーをスタッフ全員に配るなど、気合充分で挑んだ作品です。その集大成ともいえる最終回は感無量だったのでしょう。泣きながら見ているかたも多かった」(前出・スタッフ)

 SMAP解散後初のソロ仕事だけに、本作に賭ける木村の意気込みは並々ならぬものがあり、共演陣とも過去最高のチームワークを築いた。

「木村さんが“またこのチームでやりたい”と話すほど強い絆で結ばれた現場でした。スクリーンを見ながら、彼もほろりと涙を流していましたね」(前出・スタッフ)

 拍手喝采で最終回の鑑賞を終えた会場のボルテージは、続くビンゴ大会でMAXに。

「木村さんはセブ島のペア旅行チケット、竹内さんは50万円分もの商品券を差し入れて、勝負はとても白熱しました」(別のスタッフ)

 一次会は10時半にお開き。一行はロケバスで近くのビルへ。二次会の会場は、黒の革張りソファで店内を統一した高級ダイニングバーだった。ここで、仕事終わりの木村文乃(29才)も合流。

「二次会も盛り上がって行きましょう!」という木村のかけ声で再び宴会が始まる中、夜も更けた0時、店内がざわついた。共演者やスタッフと飲んでいた木村が、ひとりでふらりと店奥のカラオケルームに入室。『夜空ノムコウ』を熱唱し始めたのだ。

「最初に音程を合わせていました。5人のパートをすべて木村さんが歌うわけですが、それがめちゃくちゃうまくて。みんなひと目見ようとカラオケルームに殺到して、大騒ぎになりました。松山さんや文乃さんも目を輝かせて聞き入っていたし、歌い終わると拍手喝采でした」(別のスタッフ)

 会場の全員が酔いしれる一幕だったが、サプライズはここからだった。

「アンコールの声があがりましたが、さすがにそれはないだろうと思っていたんです。でも木村さんはマイクを離さず、次々にSMAPの代表曲を入れていきました。『SHAKE』、『セロリ』、『青いイナズマ』、『世界に一つだけの花』と歌い続けてくれて、さながらソロコンサートですよ。途中から松山さんも一緒に歌い始めて、大盛り上がり。なんだかもう感動しちゃって…。彼にとってSMAPは本当に大切な思い出なんだな、っていうことが伝わってきました」(前出・スタッフ)

 当初、二次会はプロジェクターでNG集を流す予定だったというが、

「木村さんの“SMAPメドレー”があまりに盛り上がりすぎたため、中止になりました(笑い)」(前出・スタッフ)

 宴もたけなわ、二次会は深夜3時まで続いた。松ケンがふらりと無警戒で退店したのとは対照的に、木村の退店時はスタッフが毛布で幕を作り、姿を晒さないよう配慮する鉄壁ぶり。だが迎車の助手席に乗った木村は、晴れやかな笑顔を見せていた。

 4月に入ると、新作主演映画『無限の住人』(4月29日公開)のPRで全国を飛び回る予定の木村。

「普段は出ない地方のローカル局にも生出演する予定です。ここまで必死に番宣に動く木村さんは初めてです」(テレビ関係者)

 一方、同映画のPR活動以降は、レギュラー以外のオファーをしばらく断つとも報じられている。デビューから25年目にして、長期の休暇は初のこと。節目直前の熱唱は、誰に向けたものだったのか。

※女性セブン2017年4月13日号