17日放送の「旅ずきんちゃん」(TBS系)で、金田朋子が声優の一風変わった収入事情を告白する場面があった。

番組では「友近温泉倶楽部」と題して、大渕愛子弁護士、金田、友近が群馬県伊香保温泉を訪れ、温泉に入りながらトークを繰り広げた。

その中で大渕弁護士が、金田に声優の収入事情について尋ねた。なお金田は「アニメ おしりかじり虫」(NHK)で、主人公の声優を務めたことで知られる。

収入事情について金田は「1本あたりは、多分そんなに高くないので」と、アニメ作品のギャラについて語った。一方、「ゲームとかは高いんですよ。ゲームがやっぱ高かったりパチンコが高いから」と、ゲーム関連のギャラの方が良いことを明かした。

そして、声優の特殊なギャラ事情についても語る。金田は「声優さんって一言でも百言しゃべってもギャラが同じなんですよ。一律なんで」と話し、ギャラと出番の多さは無関係だと説明した。

さらに金田は、声優仲間から「ギャラ泥棒」と言われていると告白。というのも、金田は人間以外の役が多く、セリフが『ま!』と一言奇声を上げるだけの場合もあるという。それにも関わらず他の声優と同じギャラのため、「ギャラ泥棒」と揶揄されるそうだ。

【関連記事】
金田朋子が告白 自分の金切り声で「耳がやられてきている」
μ′sの「紅白歌合戦」出場で秋葉原の街頭モニターに「まるで戦後のような景色」
ケンドーコバヤシが声優の仕事で「ルネッサ〜ンス」と絶叫した珍事を告白