高校野球界に新たな“名物監督”が誕生の予感だ。今夏の甲子園で初の4強進出を決めた明石商(兵庫)。部員111人を統率する狭間善徳監督の采配や、その言動にも注目が高まっている。4強進出を決めた八戸学院光星(青森)との戦い。相手の猛攻に苦しめられ、試合後のインタビューでは「はよ、家に帰りたいと思いました」と笑った。真面目な受け答えが目立つ甲子園の監督インタビューで、人間らしさがあふれ出る。ベンチで