ミタパンがめざまし卒業で胸中「早起きに関しては時には大変なことも」。

写真拡大

フジテレビ三田友梨佳アナ(27歳)が3月20日、3年間にわたってスポーツキャスターを務めてきた情報番組「めざましテレビ」(フジテレビ系)を卒業した。それに合わせ、公式ブログでは胸中をつづっている。

20日付けのエントリー「めざまし卒業」では、まず、「私、三田友梨佳、めざましテレビを卒業しました」と報告。そして「入社して最初のレギュラーがめざにゅ〜で、それ以来ずっとめざましに携わってお仕事に励んできました。アナウンサーとしては、まさに、『めざまし生まれめざまし育ち』なので、今は番組を離れてしまう寂しさとめざましへの感謝の気持ちとでいっぱいです」と、“めざまし”への想いを吐露した。

朝の情報番組とあって、「正直早起きに関しては時には大変なこともありましたが、、、」と振り返るが、「それ以上に、会社に行くと、あたたかいスタッフのみなさんがいて、大好きなめざましキャスターのみんながいて、めざましを楽しみにしているテレビの前のみなさんがいることが、すごく嬉しくて、幸せで、本当に本当に本当に楽しい日々のオンエアを送ることができました」と、暖かい現場だったそう。

4月からは、新たにスタートする午後の情報番組「直撃LIVEグッディ」への出演(月曜日〜金曜日)が決まっており、「入社5年目を迎え、新たなスタートラインに立ちます」「これからも頑張りますのでよろしくお願い致します」と意欲を燃やしている。