サンフレッチェ広島は19日、法政大のMF細谷航平(21)が2024シーズンに新加入することが内定したと発表した。

 群馬県出身の細谷は過去に広島ユースでプレー。今年はU-22日本代表候補に選出されたほか、関東選抜Aとして第37回デンソーカップチャレンジサッカー茨城大会に参加した。

 クラブはプレーの特徴について公式サイト上で「攻撃力が魅力のサンフレッチェ広島ユース出身のボランチ。左足から繰り出す正確なフィードやパスでゲームを組み立てていく」と紹介している。

 細谷は加入内定にあたり、「幼い頃からの夢であったプロサッカー選手という夢を、高校時代にお世話になった憧れのこのクラブで叶えることができることを大変嬉しく思います。広島で活躍するアカデミー卒業の先輩たちのように、このクラブに貢献して恩返しできるように頑張ります。これまで支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れずに日々取り組んでいきます。サンフレッチェ広島に関わる全ての皆様、よろしくお願いします!」とコメントした。

以下、クラブ発表プロフィール

●MF細谷航平

(ほそや・こうへい)

■生年月日

2001年12月11日(21歳)

■血液型

A型

■出身地

群馬県前橋市

■身長/体重

182cm/72kg

■利き足

■経歴

岩神SSC-上州FC高崎-広島ユース-法政大

■代表歴など

2023年:U-22日本代表候補

2023年:関東選抜A(第37回デンソーカップチャレンジサッカー茨城大会)