「青ヶ島には差別や偏見がないけど…」絶海の孤島出身の38歳女性が語る、東京本土で感じた“都会と離島のギャップ” から続く

 東京都心から約360km離れた“絶海の孤島”、青ヶ島。2022年6月1日時点の人口は166人で、「日本一人口の少ない村」としても有名だ。八丈島を経由してヘリコプターか連絡船を利用しないとたどり着けず、それぞれ1日1便しか出ていない。ヘリコプターの席数は9席のみで予約が困難、連絡船の就航率は5割程度とも言われている。

【画像】青く輝く海、神秘的な緑の山々、海に沈む赤い夕陽…青ヶ島の「死ぬまでに見るべき絶景」を写真で見る(全40枚)

 そんな青ヶ島ではここ数年でネット環境が整い、シェアハウスができるなど、移住者を受け入れる態勢が少しずつ整備されているという。しかし島民の佐々木加絵さん(38)は、「移住者が快適に過ごすには、まだまだ課題がある」と話す。彼女が考える島の課題や、思い描く“青ヶ島の未来”について話を聞いた。(全3回の3回目/2回目から続く)


青ヶ島生まれ・青ヶ島育ちの佐々木加絵さん

◆◆◆

移住者が増えている青ヶ島の“仕事環境”は?

――最近は島外から青ヶ島に来る人が増えているのでしょうか?

佐々木加絵(以下、佐々木) 旅行と仕事をかねて来る方も、移住してくる方も増えていますね。私のYouTubeチャンネル「青ヶ島ちゃんねる」を観て移住を決めてくださった方も2名いるんですよ! 最近はシェアハウスもできたので、パソコン1台で仕事ができるWeb関係の方に注目され始めているようです。

 これまでは教員や役場の職員とか、転勤で数年滞在する人が多かったですけど、これからはWeb関係の人が増えてくるんじゃないかと思います。ネット環境が整っていて、ワーケーションもできるので。

――Web関係のように、パソコン1台で働けるスキルがないと移住は難しい?

佐々木 そんなことはないですよ。例えば看護師や保育士の求人は常に出ているし、リゾートバイトとして居酒屋で働くのも島外の若い人たちから人気があります。

佐々木 ほかにも、青ヶ島の特産品である「ひんぎゃの塩」の精製所や、建築関連、民宿でもよく求人募集がかかっていますね。

 それに青ヶ島は、Uターンで戻ってくる人たちが「島外での経験を活かして青ヶ島を盛り上げたい」と思っているから、実はビジネス的にも活気にあふれているんですよ。島全体でそういう人たちを応援する雰囲気もあるので、新しいことにもチャレンジしやすいと思います。実際に、私が島中をまわってYouTubeの更新をしている姿にも、「頑張れ!」って声をかけてくれる人ばかりですね。

島民同士の結婚事情は?

――チャレンジを応援してくれる文化があるんですね。

佐々木 私の飲み友だちは近所のおじさんが多いのですが、みんなで一緒に飲むと仕事の話やこれからしたいことを熱心に聞いてくれて、激励してくれる。何かチャレンジしたいことがある人には、すごくいい環境なんじゃないかと思います。

――子どもがいる家庭でも移住しやすい?

佐々木 島全体で子どもを大事にする空気があるので、移住しやすいと思いますよ! 生徒数が少ない分、学校の先生との距離も近いですし。保育園もあるので、未就学児のお子さんも預けられます。

 ただ、最近は青ヶ島で産まれる子どもがどんどん減っているんですよね。いま小学校や保育園にいるのは、ほとんどが教員や役場の職員など、任期付きで島に来ている方の子どもたちなんです。島民同士で結婚することがないから、島出身の子どもが産まれないんですよ。

――なぜ島民同士で結婚しないのですか?

佐々木 人口が少なすぎるんです。年の近い人が数人しかいないので、そこから結婚相手を選ぶのはなかなか無理がある。だから現状、島内に出会いがないんです。特に女性の場合は、島外の人と結婚したら島には戻ってこないし、島に転勤で来ている男性と結婚しても、任期が終わったら一緒に本土に行く人が多くて。

 男性の場合はリゾートバイトで来ている子と結婚して、そのまま島で生活する人もいますけどね。

――島民がUターンしてくる割合は。

佐々木 ちゃんと統計をとったことはないけど、私の周りだと3割くらいの人がUターンしているかな。でも、そのほとんどが男性ですね。女性で戻ってくるのは、私も含めて独身ばかり。 

 この状況が続くと、島出身の子どもたちは減っていく一方です。そうすると島の人口にも影響が出るので、課題に感じている人は多いと思います。

――ほかにも、島内で課題に感じていることはありますか?

医療、介護……青ヶ島が抱える“都会にはない”課題

佐々木 都会と違って、医療や介護のサポートが充実していないのは課題のひとつですね。診療所では手術はもちろん、人工透析などの難しい治療ができない。だからもしそういった治療が必要な場合は、島から出なきゃいけなくなります。介護施設もないので、介護が必要になったら家族がすべてのお世話をしなきゃいけない。高齢者が安心して住み続けるには、改善すべき点が多いです。

 あとは、移住してくる人にとって不便な点もまだまだ多いと思います。島には商店が1つあるのですが、お弁当やお惣菜は売っていないので基本的に毎日自炊しなきゃいけなくて……。一人暮らしの人はもちろん、小さい子どもがいる家庭も大変ですよね。疲れて家事をしたくないときは誰にだってあるのに。

――先ほど「島ではお金を使う場所がほとんどない」とおっしゃっていましたよね。

佐々木 島外の方からするとお金を払ってサービスを受ける方が気楽だし便利だと思います。

――移住者が住みやすい環境にするには、まだ課題も残っているんですね。

佐々木 ただ、少しずつ「島外の人たちにも住みやすいようにしていこう」という動きが広まってきています。最近だと、「お金を払って食事ができる食堂を作ろう」という話が出ていたり。

 島自体が変わろうとしているし、島外から来る人もチャレンジしたいことがあればどんどんやってみてほしい。新しいもの好きの島民が多いので、応援体制はばっちりです! これからは今以上に住みやすい島になって、Uターンする人や移住者を増やしたいと思います。

青ヶ島での“普通の暮らし”が伝わると嬉しい

――ありがとうございます。最後に、加絵さんにとって青ヶ島はどんな場所ですか?

佐々木 豊かな島だな、と思います。子どものときはその豊かさが当たり前で感謝することもなかったけど、大人になってから「なんて恵まれた土地なんだろう」って感じますね。豊かな自然があって、島民ひとりひとりが役割を持っていて、みんなで支えあって生活していて……。この島にいると、すごく“生きている”って実感できる。

 私たち島民は、青ヶ島で“普通の暮らし”をしています。「青ヶ島ちゃんねる」で、少しでもその暮らしが伝わると嬉しいですね。

写真=佐々木加絵さん提供

(仲 奈々)