矢部美穂&大原かおり「最年長レースクイーンでギネスに挑戦!」

写真拡大 (全2枚)

「スポンサーさんがどんどん付くように、めいっぱいアピールしなきゃって。色気じゃ若いコに負けませんよ(笑)」(矢部)

’90〜’00年代のグラビアシーンで絶大な人気を誇ったレジェンド2人がサーキットに揃い踏み! 本誌袋とじを何度も飾ってくれた矢部美穂(43・左)と、人気バラエティ『ミニスカポリス』でも活躍した大原がおり(45・’17年に大原かおりから改名)だ。

3月20日(土)にツインリンクもてぎで開幕し、11月21日(日)に富士スピードウェイでフィナーレを迎える「86/BRZ レース」(全11戦)に、アッソモータースポーツの爛機璽ットの女神瓩箸靴道伽錙兵命燭禄蘋錙法H魔女レースクイーンコンビの誕生にサーキットが今ざわついているのだ。

「初戦直前は週3の筋トレとウォーキングに励みました。ほろ酔いで歩けば2時間なんてあっという間なんです!」(大原)

「私も腹筋頑張りました。でもチームの方がお腹冷えちゃうからって、お腹が出ていない衣装デザインにしてくれたんです。正直、ありがたかったですね」(矢部)

腰を入れたポージングを長時間するので、体はさすがにキツイようだ。

「40代の仕事ではないですね。それでも決めたんです。矢部さんと最年長レースクイーンでギネス記録を作ります!」(大原)

『FRIDAY』2021年4月16日号より