本記事の取材にあたり、“男子御三家”と呼ばれる、麻布・開成・武蔵の3校の校長に「いま男子校教育を行う意味とはなにか」を尋ねるアンケートを送り、全校から回答を得た。各校の回答は記事末尾に掲載している。

【写真】この記事の写真を見る(6枚)

◆◆◆

 コロナ禍の中、予定を取りやめることも増えているが、小学6年生の子を持つ家庭では中学受験への熱がとどまらない。模試の受験生の数をみても去年と変わらないのだ。

 そんな激戦が続く中学受験の世界で、この数年で目立った変化がある。男子受験生の間で共学校が人気を高めていることだ。

「共学志向」は女子特有のものだったが……

 私が2012年に中学受験を集中して取材した頃は、男女別学を敬遠し、共学に入りたがる「共学志向」は女子特有の現象だった。そのため、共学校の偏差値は女子の方が何ポイントも高かった。

 2012年公表の日能研の予想R4(偏差値)をみると、渋谷学園渋谷は女子が63、男子が58である。女子の中では御三家に並ぶ偏差値だったが、男子では御三家(開成72・麻布68・武蔵63)や慶応普通部65・早稲田学院64の下にいた。


©iStock.com

 ところが2020年の最新データでは、渋谷学園渋谷の男子の偏差値は66で、御三家や早稲田学院や慶応普通部と同位置にいる。同じく共学の進学校、広尾学園も男子の偏差値は54だったのが61と伸び、2016年に男子校から共学化した法政第二も、51から56とアップしている。

 一方、男子校は偏差値を下げている学校も目立つ。今年の模試はコロナの影響で受験生が安定志向になり、志望校のランクを落とす傾向があるとされ、「共学校は難しいから男子校を志望する」というトレンドが見受けられる。それでも、2012年と比べると、駒場東邦は68と御三家と同位置だったのが現在は63に、また、巣鴨は58から56、攻玉社は58から55と偏差値を下げている。

「共学で人間関係に揉まれてほしい」と願う親たち

 都内中学受験塾の社員がいう。「男子校でいい学校が偏差値を落としているから、それらの男子校を私たちは勧めますが、『息子は共学で人間関係に揉まれた方がいい』とおっしゃる保護者も増えています」

 つまり、かつては男子校に入学していたような「教育熱心な家庭の子息」が、続々と共学を選び始めているということだ。それは一体なぜなのか。その答えは、昨今の男子校教育を疑問視する声の中にあるように思える。

 上野千鶴子元東京大学教授は、対談本『上野先生、フェミニズムについてゼロから教えてください!』(大和書房・田房永子との共著)の中で、今の東大の男子学生を保守的だと論じる流れで、「彼らの多くは中高一貫私立男子校の出身者」といい、「『ホモソ(ホモソーシャル・異性を排除した同性同士の絆)』と言うと腑に落ちる男性集団がそこらじゅうにある。そういう集団で育ってきているせいか、女に対する妄想や偏見をいっぱい溜め込んでいる」とも話す。

 これは上野元教授らしいリップサービス込みの過激な物言いも含まれているだろう。そこでこの対談本の中でも研究調査が紹介されている横浜国立大学の江原由美子教授を取材すると、「第一子を出産した後も女性が働き続ける割合は6割となっています。(そんな社会の中で)思春期を男子だけで教育することは時代にあっているのでしょうか」と、冷静に男子校教育に疑問を投げかけてきた。 

女子校は「良妻賢母教育」から変化したが

 この江原教授の指摘に、中学受験塾の社員も大きくうなずき、こう話す。「社会や職場を取り巻く環境がこの数年で大きく転換しました。中学受験生の保護者の大半は現役のサラリーマンですから、学校に求めるものが変化して当然でしょう。女子においては女子校を毛嫌いするトレンドが発生してから久しく、そのため、女子校は工夫をしてイメージチェンジをしてきました。その過渡期に男子校もようやくさしかかっているのでは」

 私が女子校教育を取材した2012年頃に、中学受験情報雑誌の関係者からこう聞かされた。「男子校は元々キャリア教育をしてきたからそれでいい。でも女子校は良妻賢母教育からキャリア教育へのシフトをしなくてはならないから努力や工夫が必要だ」

 当時は、大学入試改革がとりざたされていなかったので、推薦入試よりも一般入試で大学に入学することが重視され、各女子校はとにかく生徒に勉強をさせていた。キャリアを積むためには学歴が必要で、まずは難関大学へ入れというわけだったが、その流れの中で、女子校はジレンマも抱えていた。

 たとえばだ。豊島岡女子の偏差値を大きく伸ばすのに貢献した二木謙一元校長(2003〜13年)は、生徒たちを「かわいこちゃん」と呼んだという。人としてかわいげがあることは男女問わず重要で、それを忘れてはならないと教えていたのだ。その様子を当時在校していた卒業生はこう語る。「勉強をしろというわりに、裁縫もさせる。引き裂かれている印象の学校だった」

男子の保護者も“アンビバレントな欲望”を持ち始めた

 この相反するものは、女子生徒たちの保護者たちが抱えている欲望でもあろう。「娘には大学に行ってキャリアを積んでほしいけれど、結婚し出産もしてもらいたい」ということだ。

 そして、今、このアンビバレントな複数の欲望を、男子の保護者も持ち始めたのではないか。「かつて男子は年収や社会的な地位が高ければ、気の利いた女性と結婚でき、家庭を持てた。しかし、今後は良き家庭を持つためには、家事や育児に協力しなくてはならない――」。独身で過ごすとしても、家事能力や女性への理解は必要だろう。調理室を作ったり、女性の教員を増やしたりする男子校が増えているのも、保護者からのニーズに応えているからかもしれない。

「女子校では『ミッションスクールはお嬢様っぽくて時代遅れ』と宗教色が敬遠される傾向がありますが、男子校は逆なのが興味深いです。芝とサレジオは男子校の中でも人気が安定していますが、前者は仏教、後者はキリスト教と、宗教を基盤としていることが『心の教育が期待できる』とイメージアップにつながっています」(中学受験塾の社員)

 女子校の改革の足かせは、「結婚して子どもを産んでほしい」「人としてかわいらしさを忘れてはいけない」という「女性の“役割や美点”を教え込む」という目標だった。それは「勉強させて難関大学に進学させる」とは相容れない部分がある。

 一方、男子校ではなにが改革の足かせになりえるのか。ここでは男子校の問題点を見ていこう。

男子校で「多様な価値観」を教えられるか?

 多くの私立校の授業見学に行っている、30代の教育関係者がいう。「ある男子校で、各生徒が覚えた英単語の数をグラフ化していたんです。先生が『男の子は競争やコンプリートが好きだから、こうやると効果がある』とおっしゃっていました。よく男子校は序列の世界だといわれます。勉強にしろスポーツにしろ、競争に勝った生徒が上という価値観が支配していると。しかし、そういう環境で育った生徒は将来、社会で競争や序列にさほど興味がない人たちと出会った時に、きちんと相手を理解できるのでしょうか」

 男子校では、どうしても男子特有の価値観が純化されやすい。それは悪いことばかりではない。たとえば、競争や序列が支配する校風は、学力を伸ばすのに有利になろう。ただ、この価値観が改革の足かせにもなるだろう。

 男子校は今後どう変革すべきか。江原由美子教授はこう言う。「女性は10代の頃からキャリアだけではなく、家庭をどう築くかなど多様に物事を考えなくてはならない。それはしんどいことなんですが、そのしんどさに価値があるのではないでしょうか。一方、これからの社会は女性だけではなく、外国人など多様な人たちとも共存していく時代です。そういう中では、男子校でも生徒に多様さを教えることを期待したいです」

 男子校に望まれる「多様な価値観」を教えることと、学力を伸ばし、難関大学に進学させることはやはり相反する部分がでてくる。

「異性の目がないから自由に物がいえる」

 一方で、男子校の良さは学力を伸ばすことだけではないのも確かだ。

 兵庫県の灘中学校・高等学校出身の和田秀樹さんはこう話す。「僕は今でも率直に発言をします。それは灘で過ごしたからだと思います。異性の目がないから自由に物がいえる環境でした」

 男子が伸び伸びとふるまえ、好きなことができるのは確かに男子校の良さだろう。たとえば、男子のシンクロナイズドスイミング(現在はアーティスティックスイミングと名称変更)を描いた映画『ウォーターボーイズ』(2001年・東宝)は埼玉県立川越の水泳部がモデルだ。また、開成の俳句部は名門で、俳句甲子園で11回優勝し、数多くの俳人を生み出している。

 シンクロや俳句は、共学の「バスケ部の男子はかっこいいと見なされ、女子からモテる」といったスクールカーストがある世界では追求しにくいだろう。

 時代遅れだという声があがっても、中学受験の難関度の上位には今でも男子校が並ぶ。大学合格実績だけではなく、卒業生たちが活躍する姿が評価されている証拠でもあろう。

 思春期にやりたいことに集中し、自由にふるまえる。それが将来の糧となる。その長所を失わずに、どう時代の変化に対応していくか。今後の男子校教育の行方に注目したい。

参考資料
『2013年入試志望者動向〜2012年7月 志望校調査より〜』
『2020年入試志望者動向〜2019年6月30日 志望校調査より〜』
2013年中学入試予想R4一覧 2012年7月18日発行
2021年中学入試予想R4一覧 2020年9月17日発行 以上、日能研
※なお、各中学の偏差値は法政第二が2月2日午前受験で、他は2月1日午前受験のデータである。

◆◆◆

 今回は“男子御三家”と呼ばれる、麻布・開成・武蔵の3校の校長に「いま男子校教育を行う意味とはなにか」を尋ねるアンケートを送り、全校から回答を得た。各校の回答全文を、下記にまとめた。“これからの男子校教育”を考える上で、参考になるはずだ。(読みやすさを考慮して、適宜改行を加えた)

Q1:「男女の社会的な役割分担に差がない今、男子校教育は時代遅れなのでは」という疑問が出ております。時代遅れにならないために、どう指導されていますか。

麻布(平秀明校長):

 男子校教育が時代遅れであるという認識はもっておりません。

 

 男女は平等で同権ではあるけれど、同じではありません。戦前は中等教育から男女別学であったものが、戦後の教育改革により公立校を中心に男女共学へと大きな変更がなされました。

 

 本校は創立以来の男子校を継続していますが、それは思春期において男女別学に教育上の効果があると考えているからです。10代前半の男女を比べると、女子の方が男子よりも身体的にも精神的にも成長が早く、必ずしも同等の教育が双方にメリットがあるとは限りません。私立を中心に男子校、女子校の別学があるのはそのことが背景にあるからだと思います。

 

 特に、男子の脳は関心事には素晴らしい集中力を発揮します。男子校においては、教科教育においてはもちろんですが、一般的には変な趣味、オタクと言われるような嗜好に関しても隠したり、恥ずかしがったりすることなく没頭したり、友人と語らったりすることができます。異性の目を気にすることがないので、無理に男らしさを求められることなく、素のままの自分を出せます。

 

 別学では、同世代の異性が学校生活の中にいないことによるデメリット、例えば、異性の考え方や感性を直に看取できないことや、長所や短所も含めた等身大の異性を知らないことなどが挙げられます。男女共同参画社会となっている現代において、将来、社会に出たときに異なる性に対してもきちんと向き合うことが出来るよう、むしろ別学の学校においてこそ様々な工夫が行われているのではないかと思います。

 

 例えば本校では、二十数年前に初めて家庭科を導入して以降、他教科の教員も物心両面で大いにサポートしました。また、家庭生活上の技術の習得に甘んじることなく、「生活者の視点に立って、生活に根ざしたものの見方や、他者への思いやり、関わり合いを身近なところから学んでほしい」との願いから、異性だけではなく、障害者、高齢者、幼児など社会的な弱者に対してどのように接する必要があるのかなど、車椅子体験や幼稚園実習、ユニバーサルデザインなどの学習により多様な人々からなる社会を広い視点で捉えられるようにしています。

 

 そのような取り組みを行うなかで、これまでに自己の性に疑問を持ち、カミングアウトをして、スカートをはいて登校する生徒などもいましたが、周りの生徒も教職員もごく普通のこととして受け入れています。

 

開成(野水勉校長):

 三十年程前までは、男性教員だけでありましたが、現在では、女性教員も増えています。また、他校との交流も、部活動・課外活動等で実施されることが増しています。教員・生徒ともに、家庭や職場や社会の中で、性差について考える機会が増えており、今後もそのような機会を積極的に模索していきたいと思っています。

 

 時代との関係については、「男女の社会的役割分担」の問題に限らず、「属性による先入観」にとらわれることなく、多様性を認め合う社会に貢献できるような人材に育つよう、各教員が、行事・生活指導・授業など、具体的な場面場面に応じて、問題提起しつつ、生徒とともに考えるような風土を大切にしています。

 

 共学校では、異性の存在があることによって、自らが成長するきっかけとなるような機会も多々あると思います。残念ながら、別学の本校では、そのような機会が少なくなってしまいますが、一方で、男子校では、女子校同様、日常空間に同世代の異性の目がないことによって、「男らしさ」「女らしさ」という二項対立的な考えにとらわれることなく、「自分らしさ」を探すことができるという可能性も、比較的にあるかもしれません。

 

 本校でも、世間一般の出来合いの「男らしさ」にとらわれることなく、さまざまな分野で個性豊かに活躍している生徒も大勢おり、そのような多様性を大切にしていきたいと思います。

 

武蔵(杉山剛士校長):

「男子校教育は時代遅れなのでは」というご指摘ですが、本校は2022年に創立100周年を迎えるように、これまで生徒・保護者のご支持をいただき、長い歴史と伝統を積み重ねてきたことには一定の理由があると認識しています。

 

 小学校を終えたあとの多感な成長過程において、異性の目を気にすることなく、失敗を恐れずに、試行錯誤が自由にできる時間・空間というのは、私も本校の卒業生でありますが、選択肢の一つとしてあってもよいのではないかと思っています。

 

 ただし、当然、生徒たちは各方面でのリーダーとして活躍することが期待されるわけですから、社会の中における男女の役割について差別的な認識を持たないように、また社会において男女共同参画が一層進むように指導しているところです。

Q2:貴校では女性をどういう存在だと教えていますか。たとえば、ある男子校では「受験でも就活でも女子の方が優秀。そういう人たちに負けないようにするためには君たちは頑張らないといけない」と教えていったといいます。

麻布(平秀明校長):

 学校として統一した見解を定めてはいません。

 

 ただし、すべての教職員は、男性と女性は互いに社会を構成する大切なパートナーであり、将来、家庭を築き、次世代を育んでいくために自分とは異なる性に対しても理解と敬意をもって接するように指導しています。生徒も、将来は家庭においても職場や地域においても男女が協同し、家事や育児、仕事や社会生活に共同で参画し、つくりあげていくことを当然のことと理解しています。

 

 本校は創立以来、男子の普通教育を実施していますが、創立者である江原素六先生は、静岡県で私立の高等女学校を設立し、帝国議会の議員となった後も男女同権の思想のもと、廃娼運動など女性解放の活動に取り組んだ方でした。本校の生徒は中学入学直後に、創立者のそのような事績についても学ぶので、それが彼らの女性への見方、対し方に大きな影響を与えていると思われます。

 

開成(野水勉校長):

 男性・女性という枠組みにとらわれることなく、それぞれの個性を尊重することを、肝要ととらえています。加えて、性差の問題一つとっても、現在では「男性」「女性」という枠組みだけでは、個々の人権を尊重できなくなっています。多様な性的個性について尊重し、お互いを認めあえるような環境を目指して、本校でも、勉強会・講演会などが行われています。

 

 日本では、歴史的な背景や戦前教育の影響から、男性偏重社会が根強く残り、男女共同参画社会へ向けた取り組みが、大変遅れていることは明らかです。生徒には、そのことを十分に理解・認識した上で、「男性」「女性」、「勝ち」「負け」といった二項対立ではなく、多様な「個」を尊重し、協力しながら社会におけるリーダーシップを発揮する人材となってほしいと思っています。

 

武蔵(杉山剛士校長):

 本校の校風ですが、旧制7年制高校が前身であったこと、戦後においても旧制高校からそのまま新制高校に移管したことなどにあるように、創立以来、アカデミックでリベラルな校風を保っています。したがって、例えば生徒も教師のことを「〜さん」付けで呼ぶように、互いを人として尊重し合う風土を保っています。生徒間においても、多様性を尊重し、他者に対し寛容である風土も、本校の大きな特色だと思います。

 

 私自身も校長着任以来「人権感覚」ということを常に生徒に呼びかけています。「人として大切にすること」「人として大切にされること」を生徒には訴えています。「女性をどういう存在だと教えていますか」ということですが、「男性だから」とか「女性だから」とかいうことではなく、「人として大切にすべき存在」だと認識しています。

Q3:保健体育授業以外での性教育はありますか。女子校の場合は「簡単に身体を許してはいけない」と教えるところもあるようです。

麻布(平秀明校長):

 保健体育授業以外での性教育はあります。

 

 必修授業の高校1年「生活総合」(家庭科)では「女性と妊娠・出産」「育児」「ジェンダー」を扱っており、その中で教えています。生徒はたいへん真面目に取り組んでいます。

 

 また、同授業では、20年以上にわたり、夏休みに10テーマ以上の中から1テーマを選択する体験学習を課しており、その中には必ず、性にまつわるテーマ(「新しい時代の女性の良きパートナーとなるために」:定員40名等)を設けています。生徒は指定された講演を聴いて、自ら調査し、レポートを提出します。これについても、生徒は意欲的に取り組んでいます。

 

 また、本校独自の高校1年生、2年生を対象とした必修選択授業「教養総合」で性教育を取り扱うことがあります。昨年度は「性について考える」というテーマで学外から8名の講師をお招きし、生徒は8週間にわたって多様な角度から性について探求を深めました。授業のねらいは「自身の性にはじまり、他者、社会へと視点を広げる中で、性の問題を掘り下げていきたい。日頃、言葉にしづらいこのテーマについて、まじめに考えるきっかけがほしいという人の受講を期待している。」で、授業構成は、(1)「性」について対話しよう(2)性教育と学校(3)思春期男子の性教育(4)性の多様性〜基礎の基礎〜(5)男子と同性愛〜近代社会と性〜(6)男女別学(7)海外の性教育(8)まとめのワークショップ、となっています。30名の生徒が受講しました。

 

開成(野水勉校長):

 保健体育の授業以外に、性教育をシステム化して行うことはしておりません。ただし、性の問題は、思春期の生徒たちにとって避けて通れない問題です。「性」について考える機会は、他校生と交流するような行事はもちろん、家庭科・公民科・国語科等の授業や、生活指導の場面などでも多々あります。そのような機会を大切に、「性」について話題にすることを避けることなく、生徒とともに考える環境を大切にしています。

 

 現在、インターネット上には、「性」の情報が氾濫しています。今後も、ネットリテラシーの問題も含めて、中学入学後、早い段階から取り組んでいかなければならない大切な問題だと考えております。

 

武蔵(杉山剛士校長):

 授業以外にも様々な場面で、「性教育」あるいは「人権教育」を行なっています。

 

 具体的には、まず中1を対象に保健室が主催し、外部講師の力もお借りしながら、「生の問題」と「性の問題」について取り扱う「命の授業」を行なっています。これについては、保護者との連携も必要なことから、別途、保護者対象の「命の授業」も行なっています。

 

 中2では「アンガーマネジメント」の授業を導入しています。ここでは、全6回のワークショップ型プログラムを通して、自分自身の良さについて認知させ自己肯定感を持たせるとともに、他者理解を図りつつ他者を受入れる「体験と気づき」を与えています。

 

 さらに高校1年では「人権教育」の講座の中でも「性暴力」について取り上げています。NPOの方々の力もお借りしながら、具体的なDV等の事例に基づき、将来一人一人の生徒がどうすべきかを考えさせています。

 

 日本の社会は、政治面でもビジネス面などでもまだまだ女性の進出は遅れていると認識しています。そうしたことを認識させたうえで、将来それぞれの生徒が、家庭においても社会においても、どのような役割を担うべきか、さらにどのような社会づくりに貢献していくのか、今後とも考えさせていきたいと思っています。

(杉浦 由美子)