将棋の最年少棋士・藤井聡太七段(17)が7月16日、ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第4局で渡辺明棋聖(棋王、王将、36)に勝利、今シリーズ3勝1敗でタイトル奪取に成功し、最年少17歳11カ月でのタイトル獲得に成功した。小学4年生時から、藤井七段を弟子として育て、見守ってきた師匠・杉本昌隆八段(51)は日本将棋連盟を通じてコメントを発表。「10年前、小学生の聡太少年に出会ったときから、この日が来ることを確信していました」と祝福した。コメント全文は以下のとおり。

▶中継:新記録達成!藤井聡太七段、棋聖奪取で最年少タイトル獲得

 藤井聡太新棋聖の誕生を嬉しく思います。10年前、小学生の聡太少年に出会ったときから、この日が来ることを確信していました。これで私の目標や、私の師匠、板谷進九段の夢も一つかないました。東海に持ち帰ったタイトルは大切に、いつまでも保ち続けてください。これからも将棋が指せる幸せと、全ての人への感謝は忘れずに。大棋士に成長することを願っています。