7月4日、東京都では新型コロナウイルスの新規感染者が131人に上ったことが確認され、3日連続で1日あたりの感染者数が100人を超えた。特にホストクラブなど「夜の街」に勤める従業員ら20〜30代の若い世代を中心に感染は拡大しており、いわゆる“第2波”が懸念されている。

【画像】ホストの着衣は乱れズボンのベルトは外されている(7月3日早朝)

 小池百合子都知事は2日に「都民には夜の街、夜の繁華街への外出を控えてほしい」と呼びかけたが、「文春オンライン」取材班が同日の深夜、ホストクラブが軒を連ねる新宿・歌舞伎町を訪れると、界隈は酔客で溢れ、ホストクラブにはこの日も女性客が集まり、店内からは高級酒を注文した際にかかる“シャンパンコール”や、カラオケの歌声が鳴り響いていた。


女性客に声を掛けるホスト店関係者 ©文藝春秋

 取材班は3月以降、新型コロナウイルスのクラスターとなってきたホストクラブの内情について、たびたび警鐘を鳴らしてきた。だが、当のホストたちやオーナーの耳には届いていないようだ。

 6月中旬、10人以上の感染者を出したホストクラブ「A」グループの店舗関係者はこう証言する。

「店では、従業員がコロナに罹っても、濃厚接触者の検査もせず、感染者以外のホストで営業を続けて、『コロナに負けるな』と売り上げを上げることに必死です。こんな状況なので、店舗内の感染者は増える一方なんです」

 ホストクラブ「A」は、歌舞伎町の中心地の雑居ビル2Fにあり、「A」のほかに「B」や「C」など複数の系列店が営業をしている。業界では中堅グループに位置付けられる。6月中旬に「A」で数名、「B」「C」でも複数の感染者が確認されている。

「店は4月の緊急事態宣言の直後も、1週間ほど休んですぐに営業を再開していました。お客が集まらないと『店舗対抗新規獲得レース』というイベントを実施して、『1万円でフリータイム飲み放題』などという宣伝文句を使ってSNSで営業をかけ、新規客を積極的に入れていた。5月25日に緊急事態宣言が全面解除されてからは、バースデーイベントを頻繁に開催。

 他の飲食店がソーシャルディスタンス確保のために座席を制限する中、うちはテーブル数も制限せず、『入れるだけ入れろ』って感じで、ホストも客もかなり“密”でやっています。ドンペリを入れると担当ホストは他のお客に『お前ら自粛中とか言ってないで頑張れや』などと煽ってイッキ飲みをさせたり、シャンパンの回し飲みをしたり。最初こそマスクをしていましたが、ベロベロになったら関係ない。いつも通り、店が終わったらアフターでご飯にも行くし、客の買い物にも同行していますよ」(同前)

ホストの恋人がコロナに罹患した女性の証言

 客の多くはホストに入れ揚げた女性たちだ。業界では「ホス狂い」と呼ばれ、風俗や水商売で働く女性が多いという。ホストと交際しているY子さんも、コロナ禍でも恋人の勤める店舗に飲みに行っているというが、その彼氏がコロナに罹患してしまったという。

「彼氏(担当ホスト)はコロナになり、今は入院しています。ここ1週間、店でもよく『暑い、暑い』って言っていた。重篤化はしていないのですが、こんな状態になっても今月やる自分のバースデーイベントのことを気にしていて、『お金貯めといて』『お前が来られなかったら売り上げ最悪だから』って。体よりも売り上げが大事みたい。(売り上げを上げるように)店からだいぶハッパをかけられていて、店の経営陣も彼の感染が発覚してもさほど気にしていない様子でした」(Y子さん)

 なぜそこまで無理をするのか。「A」をはじめ「B」「C」など、ホストクラブグループの経営を統括する代表者X氏(30代)を電話で直撃した。

--6月中旬に「A」「B」「C」の従業員から新型コロナウイルスの感染者が出たのは事実ですか。

「確かに『A』を含め、系列店の従業員からも次々とコロナ患者が発生しています。ですがほとんどが無症状。陽性者は現在10人いて2人は入院しましたが重篤化していませんし、若いから体力あるんだと思います。

 それにこれまでやれる対策はやってきました。店は換気をするように心掛け、空気清浄機や加湿器を置き、入店時はもちろん検温、消毒を徹底。ホストはマスクやフェイスシールドをつけることを現場には呼びかけています。これでも罹ってしまうなら、もう仕方ないと思っています。俺たちも食べていかないといけないから。

 コロナが怖くて出勤したくないホストは出なければいい。自由出勤にしているので休んでいても罰金は取っていません。ホストはそれぞれが個人事業主だからそれぞれの判断に委ねようと思っています」

--なぜ感染者が広がったと思いますか?

「昼の世界でもいくらでも感染者はいる」

「店は対策を徹底していたし、店の外が原因だと思っている。アフターでバーに飲みに行ったり、従業員同士が営業後に食事をするからそういうところで感染するし、寮暮らしの若いホストは集団生活するからそこで広がってしまう。店を営業していることが悪いとは思わない。

 僕も感染しましたが、しばらく店に出入りしていなかったから、感染したのは外です。そもそも夜(の街)だけが悪く、感染拡大させているように報道されていますが、これだけ無症状が多いんだから、昼の世界でもいくらでも(感染者は)いるだろうし、そういう人から僕らがうつされた可能性もありますよね」

「インフルエンザで亡くなる人とどっちが多いか」

--自粛期間中に新規客獲得イベントを開催したり、無理な誕生日イベントを繰り返したことが感染に繋がったという声もある。

「お客や店からもいろんな声が出ているが、僕のなかで答えは1つで、営業を止めることが悪だと思っている。ホストクラブはランニングコストが高く、人件費が全体の60%以上、その他に家賃が200万、それに広告費なども入れたら毎月1店舗あたり最低500万〜600万円かかる。新宿でも小さなバーとかは、100万円の給付金で家賃や経費もまかなえるだろうけど、僕らの業界は絶対に無理。自粛して店を全部閉めたら、すぐに数千万の赤字なんです。4月は大赤字、5月はトントン。6月に(客足が)やっと戻ってきた。誰も補償をしてくれないのだからやるしかないじゃないですか」

--若いホスト男性は重篤化しないケースが多いかもしれないが、軽症や無症状の感染者が子供やお年寄りにうつして感染を拡大させることもあります。

「子供はかかりにくいというから大丈夫じゃないですか。お年寄りは……わかんないですけど、でもインフルエンザで亡くなる人とどっちが多いとかいうじゃないですか。僕らも店をやらなきゃ食えなくなって死ぬことになるわけですから。やっぱ従業員を食わせていく責任があるんで」

--今後も従業員に感染者が出ても営業は続ける?

「2度目のクラスターが発生したホストクラブも」

「やらないと生活できないので。大手のホストクラブでも最近クラスターが出て、20人くらいが感染していましたが、実はクラスター発生は2度目で、みんなの対応は慣れたものだったようです。若いからほとんどが無症状で重症になるホストの話は聞きません。保健所にも確認しましたが、陰性の人間だけだったら営業やってもいいと話していました。だから本当は安全のために、どんどん検査をしていきたい。ですが、何度も保健所に電話をしているがなかなか検査に来てくれない。そっちのほうが問題だと思いませんか? 東京都が意図的に感染者の数をコントロールしていると疑っています」

 現役ホストでもあるX氏は、あくまで正当性を主張する。検査を管轄する東京・新宿区保健所にX氏の言い分を伝えると、担当職員は遣る方ない様子でこう答えた。

保健所の担当者の回答は……

「個別の案件についての回答は差し控えますが、一般論として、飲食店などで濃厚接触者が出た場合、こちらとしては2週間の自粛要請をしています。ですが、要請なので効力はなく、『店を開けてよいか』と聞かれると、『閉めなければ駄目だ』とは言えないのが現実です。(X氏は)それを違った解釈をされているのではないでしょうか……。

 我々がホスト店などに感染者がいるという情報を掴んだ場合は、クラスター検査に積極的に応じるようにしています。ただ感染された方に『新型コロナウイルス感染症発生届』を提出していただく際、職業欄にホスト店の名前などではなく、『フリーター』や『自営業』と記入されると、(ホスト店内の感染を)我々は把握できません。本人以外の方からお電話で『あの店を検査しろ』と言われても、検査に入るのは現状ではなかなか難しい。店舗名を記入することで店に迷惑がかかると勘違いされている方も多いのだと思いますが、正確に書類を書いて頂きたいです」

 朝日が差し始めた7月3日早朝の新宿・歌舞伎町では、飲み明かしたホストたちがマスクを外し、千鳥足で店外に現れた。仲間や客の女性にもたれ掛かり、道端に嘔吐するホストも。女性客とホテル街へ向かうホストも数多く見かけた。

 東京都の感染者3ケタを受けて、メディアの中には「第1波のときより若者の感染者が多く、軽症や無症状が多いから大丈夫だろう」といった言説も見かけるが、その無症状感染者からコロナが拡大していく危険性は大いにあると、歌舞伎町の光景は物語っていた。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))