名店級「サーモンクリームパスタ」は超簡単に作れる。ポイントは材料だけ
【私、今日から料理上手です Vol.6】〜クリスマス・ディナー編 第2回〜

 憧れのクリーム系が、カンタンに。

 皆さん、お家クリスマスの準備は順調に進んでいますか? チキンを焼いて、他メニューは何にしようか? と悩んでいる人もいることでしょう。そんな時にオススメしたいのが、「サーモンのクリームソースパスタ」。パスタ店でも人気メニューの一つですが、お家で作るとなるとやや難易度が上がりますよね。レトルトソースや冷凍パスタでもたまに見かけますが、具材や風味がイマイチなことも。コレが失敗することなく簡単に作れたら、クリスマスにも大活躍してくれるはずです。

 そこで今回は、クリスマスメニュー第2弾! 絶対に失敗しない「サーモンのクリームパスタ」の作り方をご紹介したいと思います。

◆ポイントは2つ。「鮭」と「クリームソース」が決め手

 大事なのは、絶対に失敗することなく、お店級のおいしさを実現すること。そのためには、“鮭選び”と“クリームソースの作り方”がポイントになります。いずれにせよカンタンであることをお約束しつつ……。まずは、「鮭」。生鮭を使うとなると味付けが難しいので、使うべきは、「西京漬けの鮭」。

 そう、和定食などでおなじみの漬け魚です。あらかじめ味噌に漬けられているので、鮭の味付けは不要。むしろ旨味が凝縮されているので、感動級のおいしさをパスタに活かすことができます。また、クリームと味噌が合わさると旨味とコクが深まって、全体的に華やかな風味に仕上がります。

 そして次は、「クリームソース」。どうやったらとろみがつくの? 生クリームを買うのは面倒……、なんて悩みを一掃してくれるのが、「クリームソース缶詰」をそのまま活用するというアイディアなんです。

 メーカーはどこのものでもOK。スーパーに行けば、200円前後で大概売っています。ホワイトソース缶を牛乳で伸ばしてソースを作りましょう。それでは早速作り方ご紹介していきたいと思います。

◆絶品「サーモンのクリームパスタ」の作り方

【材料(2人分)】※1人分の場合は分量をすべて半量にしてください。

鮭西京漬け 2切
牛乳 180ml(米の1合カップ1杯分)
ホワイトソース缶 1缶
ブロッコリー(冷凍)※ 150g
粉チーズ 大さじ2
オリーブオイル 大さじ1
ニンニク(刻み、チューブでもOK) 1片分(小さじ1程度)
パスタ(乾麺) 200g
こしょう 適宜

※ブロッコリーは自分で茹でてももちろんOK。冷凍タイプはコンビニでも手軽に購入できます。

【作り方】

(1)鮭は骨を除きながら、1口サイズに切り分ける。ブロッコリーも小さめに切る。

(2)フライパンにニンニクとオリーブオイルを入れて火にかける。香りが出てくるのがサイン。

(3)鮭を加えて、表面がこんがりするまで炒める。火加減は中火。焦げすぎないように注意する。

(4)クリームソースと牛乳を加えて温める。

(5)グツグツいってきたら、ブロッコリー、粉チーズ、こしょうを加えて全体を混ぜて1〜2分煮込む。

 パスタはソースを作ってから落ち着いて茹でてもよし、並行してできる人はパスタを茹でながら進める。

(6)茹で上がったパスタにソースをたっぷりかければ完成。

 あとは、「愛情込めて作ること」が重要です。気持ちのこもった料理に勝るものはありません! 楽しく料理をしながら、素敵なクリスマスシーズンをお過ごしください。
<文、写真/スギアカツキ>

【スギアカツキ】
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12