2017年は約14億着が廃棄処分に アパレル業界が抱える問題とは

ざっくり言うと

  • 2017年の調査によると余剰在庫の約14億点の服が大量廃棄されている
  • あらかじめ大量に作らないと採算が取れない仕組みが大量廃棄の原因だという
  • 識者は、服の大量廃棄を防ぐには業界全体の構造を変える必要があると指摘

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x