大坂なおみ【写真:Getty Images】

写真拡大

1995年伊達公子以来の大会制覇、4試合全てストレート勝ちでツアー4勝目

 テニスの「東レ パンパシフィックオープン(大阪・ITC靱テニスセンター)」は22日、シングルス決勝を行い、世界ランク4位で第1シードの大坂なおみ(日清食品)が同41位アナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)に6-2、6-3で大会初優勝を果たした。大会5度目の本戦出場で1995年の伊達公子以来、日本勢24年ぶりの大会制覇。1月の全豪オープン以来となるツアー4勝目となり、3歳まで過ごした故郷・大阪のファンに復活を印象付けた。

 決勝カードは昨年、一緒に練習をしたこともある間柄の2人。唯一の対戦となった2017年10月の香港オープン準々決勝では、大坂がストレート負けを喫した。2年間の成長を見せたい第1セット。第1ゲーム、187キロのサービスエースで約5000人の観衆の度肝を抜くと、第2ゲームにはリターンエースなどを決めてブレーク。第3ゲームはラブゲームで締め、3ゲーム先取で主導権を握った。

 5-2の第8ゲームは、猛チャージをかけてきた相手を華麗にさばくロブショットを披露。ライン際にポトリと落とし、スタンドをどよめかせた。6-2で第1セットを先取。第2セットも勢いは止まらない。1-1の第3ゲーム。195キロの高速サーブでエースを奪えば、左右に揺さぶって相手を翻弄。このゲームを奪うと「カモーン!」と叫んで左拳を握った。

 終始センターコートを制圧した大坂。自国のスターがチャレンジ(映像判定)を要求すれば、ファンは手拍子をとって盛り立てる。「大阪で大坂が勝つのはいいこと」とちゃめっ気たっぷりに意気込んだ通り、完全ホームのセンターコートで戦い抜き、見事期待に応えてみせた。

 2月にコーチだったサーシャ・バイン氏を解任し、米国テニス協会のナショナルコーチだったジャーメイン・ジェンキンス氏と契約。しかし、全仏オープンは3回戦で、ウィンブルドンは1回戦で、連覇を狙った全米オープンも4回戦で敗れた。「何かリセットしたいものがあった」と今月13日にジェンキンス氏との契約解消を発表。「私のテニスを一番よく知ってくれている人。何よりも自分にとって最愛の人」と今大会から父のレオナルド・フランソワ氏がサポートしている。

 マッチポイントで相手のショットがネットにかかり、勝利が決まると、大坂は天を仰いで満面の笑み。会場にはスタンディングオベーションが沸き起こった。ファミリー席に歩み寄り、父とハグを交わし、歓喜を共有。コート上インタビューに立つと、喜びの胸中を語った。

 まずは「最後はちょっと緊張してた。なんかよかった。ありがとうございます、みんな」と日本語で話すと、会場も笑顔になった。「楽しかった。凄く。集中できた」とも語った。試合中には大阪のファンが客席でウェーブを起こし、「試合中も面白かった」とはにかんた。

「新聞記事にタイトルをつけるとしたら?」との問いには、英語で「3回目の挑戦で大坂が大阪で勝った、がいいんじゃないのかな。何でも好きに書いてください」と笑顔。大会中に語っていたお好み焼きについて食べたかを問われると「う〜ん、後で」と日本語で語り、最後までファンを楽しませていた。(THE ANSWER編集部)