ぽっちゃりお腹のサイズダウン効果も。いつでも出せる【薄いお腹のキープ】に役立つ簡単習慣

写真拡大


暑さで外出を控えて運動量が減っているのに食生活はいつも通り。そんな生活が続くと、気付かぬうちにお腹周りがぽっちゃりしてしまう事態は避けられません。そこで習慣に取り入れたいたいのが、お腹周りの筋肉の柔軟性を高め、ウエストサイズのキープに役立つ簡単ストレッチです。早速やり方をチェックしてみましょう。

▶︎ぽっこりお腹とさようなら。腹筋ラインが見える【理想のほっそりウエスト】の作り方

 

|お腹周りの柔軟性UP「エビ反りストレッチ」

胸から下のお腹周りの筋肉全体にアプローチできるストレッチで、引き締め効果も得られます。体を大きく反らすストレッチですが、足のつま先を立てて“恥骨を浮かせて”行うので、腰への負担を軽減。腰の痛みを抱えている方でも実践できるので、無理のない範囲でトライしてみてください。

 

(1)床にうつ伏せの姿勢になり、肩の脇に両手を着く
(2)両足のつま先を立て、手で上半身を支えるようにあごを上に向けながら体を後ろに反らせ、反らしきった所でゆっくり呼吸をしながら20秒以上キープする



▲腰の負担が大きくならないよう、必ずつま先を立ててください。また、上半身を反らせるときは肩甲骨を内側に寄せるイメージで行います

 

普通に生活していても意識を向けないとお腹周りを動かすことは少なくないはず。シンプルな動きで簡単に取り組めるので、ぜひ寝る前やスキマ時間に継続的に動かしてあげることで、薄いお腹のキープやお腹周りのサイズダウンに役立ててみてくださいね。<ストレッチ監修:コシバフウタ(ミスワールドJAPANサポートトレーナー/トレーナー歴3年)>