奈良県警鑑識課長が近所の畑でトウモロコシ1本を窃盗か 処分を検討中

ざっくり言うと

  • 奈良県警鑑識課長の50代の警視が、窃盗の疑いで事情を聞かれたと分かった
  • 6月に、酒に酔った状態で自宅近くの畑からトウモロコシ1本を盗んだ疑い
  • 警視はそれ以降、仕事を休んでおり、県警は処分を検討しているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング