19世紀末にアメリカで起こったトーマス・エジソンとジョージ・ウェスティングハウス&ニコラ・テスラの「電流戦争」をベネディクト・カンバーバッチ、ニコラス・ホルト、トム・ホランド、マイケル・シャノンといった俳優で映画化した、マーティン・スコセッシがプロデューサーを務める映画「THE CURRENT WAR」の予告編が公開されました。もともと2017年に公開予定の映画でしたが、プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ騒動により公開が延期となり、再編集を加えたのちの完成に至りました。

THE CURRENT WAR :: OFFICIAL TRAILER - In Theaters This October - YouTube

THE CURRENT WARは天才トーマス・エジソン(演:ベネディクト・カンバーバッチ)と……

もう1人の天才ニコラ・テスラ(演:ニコラス・ホルト)

実業家サミュエル・インサル(演:トム・ホランド)

電気事業を推進するジョージ・ウェスティングハウス(演:マイケル・シャノン)を中心とした物語。

電気のない時代、暗闇の中でエジソンは演説を行います。

箱から出て来たのは電球。

手渡された人々は「これは何だ?」と見当もつきません。

ジョージ・ウェスティングハウスに……

「私は世界で最も偉大な電気供給者になる。エジソンよりも」と語るニコラ・テスラ。

2人の天才によって繰り広げられる「競争」は熱を帯びていきます。

「これはアメリカで一番の天才を決める争いだ」

「今日、不可能なことを……」

「可能にする」

「電流をコントロールする者が未来をコントロールする」

プロデューサーは「沈黙-サイレンス-」「ウルフ・オブ・ウォールストリート」「ディパーテッド」監督のマーティン・スコセッシ。

一同に集められる人々に……

「君たちがただ『記憶されたい』のならば大統領を撃てばいい。そうではなくて、私が『伝説』と呼ぶものになりたいのならば、今よりも世界をよりよくしなければならない」とウェスティングハウス。

暗闇の中でとまる1台の馬車。

謎の女性が現れます。

電柱が建てられ……

実業家のインサルによって熱っぽく「新しい技術」が語られます。

「私は世界をまったく変えてしまうものを作り出している」

「もしエジソンが成功すれば、我々は遠くに押しやられ、二度と復活することはできないだろう」

「時には正しいことをするためにルールを破る必要がある」

耳を傾けるウェスティングハウス。

「彼のシステムは死ぬことがあるって言っただろうか?」

「やつの電流は人を殺す」

「彼は汚い手に出た。君もやっていい」

「私から盗んだ!」

そして実験は……

大事故寸前に。

「君はクビだ」と言い渡されるテスラ。

「成功できるのは、ただ一人だけ」

なお、THE CURRENT WARは2019年7月19日から台湾で公開、アメリカでの公開は10月4日からで、日本での公開日は記事作成時点で未定です。