被害者のジョンベネ・ラムジちゃん(ZUMA PRESS AFLO)

写真拡大

「ジョンベネを脱がし、頭を割って、死なせてしまった」──世界中から注目された未解決事件が急展開を迎えた。1月10日、英タブロイド紙の『デイリー・メール』が、ジョンベネちゃん殺害事件の“真犯人”が自供したと報じたのである。

 ジョンベネちゃん殺害事件とは、1996年12月に米コロラド州で当時6歳だったジョンベネ・ラムジちゃんが殺害された事件だ。遺体は自宅の地下室で発見され、性的暴行を受けた形跡があった。ジョンベネちゃんは美少女コンテストで何度もグランプリを獲得するほどの美少女で、父親がコンピューター関連会社を経営するセレブ一家だったこともあり、米国内はもちろん、日本でもセンセーショナルに報じられた。警察の初動捜査のミスもあり、22年が経った現在も犯人は捕まっていない。

 そんな中で今回、ジョンベネちゃんの殺害を自供したと報じられたのは、児童ポルノ所持の罪でコロラド州の刑務所に服役中のゲイリー・オリバ受刑者(54才)。オリバは同級生の友人に宛てた「手紙」の中で冒頭の告白をしており、次のような内容も綴っているという。

「ジョンベネの美しい顔、輝くように美しい肌、女神のような素晴らしい体を一目見て、他の子どもたちを殺害した私が間違っていたことを悟った。しかしアクシデントによって、ジョンベネは死んだ。それは私の責任だ」

 この“スクープ”は日本でも複数メディアが取り上げており、米国ではさぞかし大騒ぎになっているだろうと思われたが、実態は異なるという。在米ジャーナリストの高濱賛氏が語る。

「『デイリー・メール』は常に“飛ばし記事”を書いているタブロイド紙ということで、主要メディアはあまり信用していないようです。ジョンベネちゃん殺害事件は米メディアが過去22年間にわたって報道し、誤報も出たことがある事案ですから、米国人の中には『なぜ英メディアが特ダネを書けるのか』という先入観もある。米世論は今回の報道を“マユツバ”と見ているようです」

 米国内の主要メディアが『デイリー・メール』報道を事実上黙殺する中、カウンターカルチャー・メディアとして知られる米『ローリングストーン』は、1月11日付のオンライン記事でこの件を取り上げた。しかし結論としては、「コロラド州ボルダー市警は報道された手紙などはすべて入手しているが、『捜査に関する新事実は一切ない』とコメントしている」と報じている。

「“家族犯人説”もこれまで何度も米国内で報道されてきましたが、2008年7月に家族のDNA鑑定が行なわれた結果、全員の潔白が証明されている。迷宮入りの可能性大ですが、いまだにこの事件に対する米国内の関心は高く、タブロイド紙などが時々取り上げています」(高濱さん)

 米国の刑法では殺人に時効はない。真相が解明される日は訪れるのだろうか。