袴田事件の弁護側が最高裁に特別抗告を提出 高裁の決定に事実誤認

ざっくり言うと

  • 袴田事件の弁護側が23日、特別抗告申立補充書を最高裁に提出した
  • 弁護側の鑑定について、東京高裁の決定には事実誤認があると指摘
  • 最高裁が保存せずに消去しているというデータは、すべて提出したと主張した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x