学生の窓口編集部

写真拡大

12月13日放送、「おしゃれイズム」(日本テレビ)はメンタリストのDaigoがゲスト。Daigoは藤木直人がカードに書いた好きな食べ物を当てた。顔の緊張具合で当てることができるのだが、藤木は顔に出なかったので、正解が書かれた紙を凝視しているのでその心理からパスタを選んだと明かした。メンタリストとしては大学で人工知能の研究をしており、人間の心を作るには人間の心理を学ばねばと思い、ダレン・ブラウンの動画を見つけ、興味を持ったのだ。

ダレン・ブラウン動画

Daigoが自分を変える方法を紹介。A4の紙を半分に折り、左側に今の自分の特徴を書く。今自分がどのような行動を取るどのような人間なのかを書いていく。そして半分の右側に、これからの自分として、今までの特徴と全部逆にしたことを書いていくといいのだという。紙を半分に折って、半分に今の自分、もう半分に未来の自分を書くことで、自分を変えることができるのだ。

たとえば自分が「太っている」とか「成績が悪い」とかを書く。反対側に今までの自分とは真逆のことを書く。

Daigo流自分を変えるテクニックは、言葉を変える、服装を変える、習慣を変える、そして今すぐ始める、ことが大切。言葉を変える、は例えば一人称を変えてみる。周囲に自分の口癖を聞いて、それを変えてみる、など。服装を変えることで、周囲の印象を変えることができ、それに応じて身に着けている自分も変わってくる。習慣を変えるは、通勤や帰宅してからの時間にいつもと同じことをするのではなく、何か一つヒントを得て変えてみるというもの。そして何より、思い立ったらすぐに行動することが大切だ。