現地時間2月20日に行なわれたブンデスリーガ第22節で、フランクフルトは首位バイエルンをホームに迎え、2-1で勝利を収めた。長谷部誠と鎌田大地が先発したフランクフルトは、前半に鎌田とアミン・ユーネスが1点ずつを奪い、53分にFWロベルト・レバンドフスキに1点返されたものの、最後まで守り切り、勝利を手にした。これを受け、ブンデスリーガは21日、公式HPで「フランクフルトは今最も勢いのあるチームかもしれない