「遺伝子編集で、胎児の疾患を「子宮のなか」で治療する──CRISPRによる研究の“実績”と課題」の写真・リンク付きの記事はこちらウィリアム・ペラントーは、フィラデルフィア小児病院に勤務する小児外科医だ。彼の出番は、親たちが胸を締め付けられる知らせを聞かされたあとにやってくる。胎児が命にかかわる発育不全を抱えているのだ。こうした発育不全は、超音波画像に映った影や親の遺伝子検査によって判断されるが、普通は赤