漫才コンビ、中川家の剛(兄)は以前パニック障害で苦しんだことがある。剛本人が、テレビ出演時に当時心療科の医者から指摘されたことを明かした。医者からすれば「お笑い芸人の人たちは○○がおかしい」というのだ。
それを聞いた共演者の芸人達の反応は?

9月9日放送のテレビ「ザ!世界仰天ニュース」に出演した剛はパニック障害で苦しんだ頃のことを話した。
苦労の末立ち直り、その後M−1優勝という快挙を成し遂げたという感動のエピソードだ。

しかし、その頃診て貰っていた心療科の医者がある日、剛に言った。
「一般人ならば、芸人さんのように多くの人を前にして喋ったりする状況では、パニック障害になってもおかしくないです」
「あなたがパニック障害になったのは、極めて普通のことといえますね」
そして、
「逆に、芸人をやっていて平気な人というのは、『頭がおかしい』といえます」
と言ったという。

剛はこの話しをもちだして「パニック障害になった俺は普通の人間」
平気な芸人たちは「普通じゃない、おかしい人間」ということを言いたかったようだ。

この時の共演者は司会中居正弘、笑福亭釣瓶。ゲストは土田晃之、バナナマン、有吉弘行、サバンナ、サンドウィッチマンそして中川家だった。

「頭がおかしい」と分析された芸人、芸能人たちの反応は意外だった。

「うーん、(なるほど)」と全員、うなづきながら納得したのだ。

やはり、芸能界はある意味「おかしく」ないとやっていけない世界なのだろうか。
彼らの反応を見てそう感じさせられた。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

【関連記事】
和田アキ子号泣!笑っていいともの進行一時ストップ
ハリセンはるか、初キッスを”生々しく”報告
久本雅美が「結婚願望」について本音をポロリ!
石原真理子があの自叙伝の裏を仰天暴露!
股間を・・。元気過ぎる?ムツゴロウさん放送事故ギリギリ
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!