台湾に嫁いで5年。熱々だった夫婦仲に変化が?

写真拡大

 試合に負けるたび、悔しさから涙をこぼす4才の少女。かつて日本中が応援した、卓球の「泣き虫愛ちゃん」もいまや2児の母親になった。大人になった彼女は、人前で涙を流すことはないが、誰にも話せない思いをポエムに込めていて──。

【写真4枚】ソファの上で体をのけぞらせて夫と熱いキスを交わす福原愛。他、夫婦でプールに浸かる福原の上半身写真など

 会えない時間が愛を育てるとはよく言うが、この夫婦の場合はどうなるのだろうか。2月18日、卓球女子元日本代表で、現在は解説者やタレントとして活動する福原愛(32才)が『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演。そこで、驚きの発言をした。

「これから拠点を日本に移していこうかなというふうに。子供が幼稚園に入るタイミングなので」

 福原は、2016年に台湾出身の卓球選手・江宏傑さん(32才)と結婚。2017年10月に長女を、2019年4月に長男を出産し、台湾で暮らしてきた。福原夫婦といえば、結婚当初からラブラブぶりが話題を呼んできた。福原は中国版Twitterの「微博」に、ふたりが見つめ合う写真や、《起きると夫が朝食を用意してくれている》《結婚してから自分で携帯すら充電したことがない》(ともに和訳)などの惚気を連日投稿。美男美女のおしどり夫婦は、その好感度の高さから日本でも夫婦でCM共演を果たしていた。

 一方で、ふたりの“熱さ”に眉をひそめる人もいた。その1つが、2018年に中国で配信された有名人夫婦に密着するリアリティーショー『幸福三重奏』に出演した際のこと。「毎日100回キスしたい」という夫の希望のもと、ふたりは朝から晩まで61回もカメラの前でキスを披露。これには、「愛ちゃんのこんなシーンは見たくない」「まるでアダルトビデオを見させられているみたい」などと、不快感をにじませる視聴者も少なくなかった。

 今回は、久しぶりの日本のテレビ出演。またも視聴者が赤面するようなエピソードが披露されるのかと思いきや、福原の口から明かされたのは、意外な言葉だった。

「(夫は)基本土日にしか帰ってこなくて、練習はもちろんそうですし、卓球場を経営したりしているので、そういった部分で忙しくしていることが多いです」

 福原は3年前に現役を引退したが、江さんは台湾南部の都市・高雄で卓球場の経営や、卓球チームへの指導を行っている。毎日100回のキスどころか、実は「週末婚状態」だったというわけだ。加えて、夫は卓球選手としても決して順風満帆とはいえない状況に追い込まれている。

「江選手は2017年に日本の卓球リーグ『Tリーグ』の中で、沖縄に本拠地を置く『琉球アスティーダ』に所属しました。しかし、実力不足からここ2年ほどは試合にまったく出られない状態に。チームが運営するジュニアスクールの監督に就任していたのですが、新型コロナウイルスの影響もあり、昨年の春に退任しています。

 愛さんは仕事が思うようにいかない夫への気遣いに疲弊し、一方で江選手も妻に弱みを見せられず、ふたりの溝は深いものに。夫婦の会話はほとんどない状態だとも聞いています。江選手が台湾での仕事を残し、愛さんと一緒に日本へ移住するのは難しいでしょう」(スポーツ紙記者)

 現在は、台湾の自宅に福原の母・千代さんが同居し、3世代での生活を送っている。

「元卓球選手の千代さんは、愛ちゃんが3才の頃から厳しい指導を行い、天才卓球少女に育て上げた。娘というよりもひとりの選手として接してきたんです。その結果、私生活でもコーチと選手の関係性から抜け出せず、愛ちゃんは母親に甘えられなかったといいます。いまようやく、一緒に料理をするなど、普通の母娘の時間を取り戻しているようです」(卓球関係者)

夫の誕生日に福原の姿なし

 今回の帰国宣言は唐突にも思えるが、実は日本に帰ることを決断したのは、ここ最近の話ではないようだ。

「実は1年ほど前から、活動拠点を日本に移すことを考えて、準備を重ねてきたんです」(前出・卓球関係者)

 帰国の決断と関係してか、ちょうど1年前頃から福原の様子に変化があった。その1つが、写真集の出版だ。

「昨年2月に台湾の出版社から発売された写真集は、1万部を突破。写真集なら3000部売れればベストセラーだと評される台湾では、記録的な数字です。撮影は、かつてのヘアヌードブームを牽引した写真家の篠山紀信。肌の露出こそ抑えられているものの、アンニュイな表情を浮かべた“大人な愛ちゃん”が魅力的だと話題になりました」(現地ジャーナリスト)

 2つ目の変化は、微博に投稿する“ポエム”だった。

「以前は料理などグルメな投稿が多かったのですが、昨年春頃から、意味深なポエムが増え始めたんです。母国語ではない中国語で哲学的な詩を連投するので、台湾では“天才ポエマー”と呼ばれるようになったのです」(前出・現地ジャーナリスト)

 やがて詩的な呟きは私的なものへと変わっていった。11月28日には、夫の星座である、うお座の性格について《怒ることはなく、いつも愛する人に微笑んでいる世界一穏やかな星座。あなたが悲しむなら彼はあなたと一緒にいて、涙を流すときはひとり。骨の髄まで優しい星座》という投稿を引用し、続けて夫のアカウントに向け《本当ですか?》と問いかけた。夫の愛情を確認するような投稿にネットユーザーはザワついた。

 さらに、今年2月7日にはフルーツパフェを前にして微笑む写真とともに《懐かしい……笑うとこんな感じ》と綴る。まるで、最近は笑うことができない日々が続いていたかのように──同時に夫に関する投稿も目に見えて減っていた。2019年12月には1か月に16回も夫について投稿していたが、2020年12月は2回のみ。今年に入ってからも、夫が自身の微博のパスワードを忘れてしまった、という一度だけだ。

 変化はこれだけではない。2019年頃までは、婦人誌で結婚生活について語ったり、育児雑誌に登場することもあった。

「過去には雑誌の表紙でウエディングドレス姿を披露したこともありました。しかし、昨年あたりから、『競技以外の話はできない』と取材を断ることが増えたそうなんです。微博の投稿する写真の中には、結婚指輪を外しているものもありました」(前出・卓球関係者)

 ゆっくりと、だが確実に“別居”の準備を進めていた彼女に帰国を決意させたのは、最愛の母の病だった。

「母の千代さんが腰を悪くしてしまい、現在は車いすで生活をしています。大好きな卓球ができなくなって落ち込む千代さんを見て、日本に戻り、幸せを感じてほしいという思いが強くなったそうです」(前出・卓球関係者)

 今年1月には、自身が代表取締役となって会社を設立。社名の「omusubi」は、選手時代に母が握ってくれたおにぎりと、縁をつなぐという「結び」を意味しているという。会社は、スポーツを通した社会貢献活動を予定している。会社設立の裏には年配の人やハンディキャップを抱える人にも不自由を感じることなく楽しめる生活の基盤を作りたいという思いがあるという。

 2月22日、夫の江さんは32才の誕生日を迎えた。当日にはSNSにレストランで豪華な誕生日ケーキで祝ってもらっている写真を投稿したが、そこに福原の姿はなかった。結婚から5年。帰国の理由が、さらなる飛躍のためだけであればいいのだが──。

※女性セブン2021年3月11日号