帯状疱疹で横浜市長が入院 市「症状は少し重いが、ほかの症状はない」

ざっくり言うと

  • 横浜市は10日、林文子市長が帯状疱疹のため市内の病院に入院したと発表
  • 「症状は少し重いが、ほかの症状はない」と説明している
  • 入院は約1週間の見通しで、職務代理者は置かないという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x