パーソルキャリアは6月15日、運営する転職サービス「doda」において、 22〜59歳のビジネスパーソン5108人を対象に実施した「転職したい会社」を調査し、 「doda転職人気企業ランキング2020」としてまとめたと発表した。

今年、第1位となったのはトヨタ自動車だった。「自動車だけにとどまらない技術研究をしている」といった投票理由が多く見られ、 自動車メーカーの枠を超えた幅広い事業へチャレンジし続ける姿勢に多くの共感が集まっているという。これに、グーグル(Google)、ソニーが続いている。

上位で目立った動きを見せた企業としては、 前年の第10位から第5位まで順位を上げた「Apple Japan」が挙げられている。同社は2019年12月28日を末日とする2020年度第1四半期の業績で、 売上高・利益ともに過去最高を記録しており、 「世の中の暮らしを変える製品を継続して生み出している」といった投票理由が多く挙がっているという。

50位までの企業では、 23位「西日本電信電話(NTT西日本)」(前年33位)、 28位「東日本電信電話(NTT東日本)」(前年43位)、 30位「NTTドコモ」(前年53位)、 31位「日本電気(NEC)」(前年105位)、 40位「富士通」(前年76位)、 43位「NTTデータ」(前年73位)がそれぞれ前年から10位以上アップしている。

「転職人気企業ランキング2020」総合ランキング 資料:パーソルキャリア

「転職人気企業ランキング2020」業種別ランキング 資料:パーソルキャリア