飲食店の売上を上げる技術よりも必要なこと

写真拡大 (全2枚)

[記事提供:飲食店販促コンサルティングの飲食店繁盛会]


 飲食店コンサルタントの笠岡です。こんにちは。

先日のクライアントの話しです。

笠岡が同席していたミーティングで、店長になりたいスタッフが幹部にアピール。

「店長になりたいです。店長になったら、今のお店のFLを基準よりXXや●●で最低2%落とすことができます。そして、●●やXXをやって売上をもっと伸ばします。」

モチベーションとやる気がとても高い子です。いいじゃないですか!こういう子、僕は好きです。たぶん、数いるスタッフの中でも成果を出してくれることでしょう。

でも、話をじっくり聞いた幹部が一言。

「あなたが店長になったら、お店をどんな店にしたいですか?」

と。

店長になりたいスタッフは、予算達成のことを真剣に考えていたので、この質問に上手く答えられませんでした。

・今すぐ読みたい→
【コロナ感染記】六本木の夜の店で働く人がコロナ陽性になったリアル 〜発熱から入院まで編〜 https://cocokara-next.com/stress/infected-with-the-new-coronavirus/

すると幹部。

「あなたの言っていることは、技術的にFLを下げることができて、技術的に売上を伸ばすことができるという話。確かに、あなたの技術力から見ると、実現出来る可能性が高いと思います。」

「でも、技術は、やる気があれば、早いか遅いかという話で、他の社員でもできるようになる。そして、お店は、ひとりでは、まわらない。」

「あなたが、どんな店にしたいか?これを明確に『言葉』にすることによって、他の社員やアルバイトがあなたに付いてくると思うんです。」

「だから、私は、どんな店にしたいかを大切にしています。もう一度そこを考えて、また来てください。」

と。

そうです。人は言葉についてくる。長くついてくるには、その言葉通りの行動も必要。でも最初は言葉。

あなたはどんなお店にしたいですか?何がやりたいですか?

ぜひ言葉にしてそのうち笠岡に教えてください(笑)

笠岡@飲食店繁盛会

[記事提供:飲食店販促コンサルティングの飲食店繁盛会]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
【コロナ感染記】六本木の夜の店で働く人がコロナ陽性になったリアル 〜発熱から入院まで編〜 https://cocokara-next.com/stress/infected-with-the-new-coronavirus/