料理酒がないときの代用のおすすめは?みりん・白ワインは使えるかを解説

写真拡大 (全8枚)

和食を作るとき、なんとなく「なくちゃダメ」という印象がある料理酒。本当に無くちゃダメなんでしょうか? みりんやワインなど、他に代用できるものは?などなど、料理酒の代わりに使えるものについて調べてみました。

料理酒とは?

日本酒に食塩や甘味料を添加し、調理用に作られたアルコールのことです。味付きのため飲用にはふさわしくなく、アルコール度数も低めに抑えられているものが多いようです。

また、料理酒は、原材料の米をあまり削らないで作るため、有機酸やアミノ酸が多く含まれ、うま味がたっぷりなのも特徴。一方、飲料用のお酒は、米の外側を削って雑味を抑え、スッキリした味わいに仕上げています。

料理酒の役割は?

お酒の香りによって肉や魚の臭みを消す、アミノ酸によってうま味やコクを出す、素材をやわらかく仕上げる、味のしみ込みをよくする、保存がきくようになる、など、料理酒のはたす役割は想像以上に多いもの。

和食の煮物などでは、入れると入れないではやはり微妙に差がつきます。

料理酒の代用品としてのおすすめが知りたい!

そんなお役立ち度の高い料理酒。うっかり切らしてしまっていた場合にはどうしたら? 代用品として使える5つの材料をご紹介します。

・みりん

アルコール分を14%前後含有している本みりんは、料理酒のかわりには最適です。ただし甘さがあるので、料理酒を使用した際に入れるはずだった砂糖の分量を加減してください。

また、本みりんでなく「みりん風調味料」の場合には、ほとんどアルコールが含まれていません。このため、料理酒の代用としては、みりん風調味料よりは本みりんをおすすめします。

・日本酒

料理酒は元々日本酒のようなもの。日本酒があれば実は料理酒はいらないくらいなのですが、高い日本酒などはどうしてももったいないという気持ちが先立ってしまいがち。

食材の臭みとりにはもってこいですが、料理酒よりも若干うま味が少なく感じるかも。また、アルコールのにおいが気になる人もいるかもしれません。その場合は、調理中、蓋をせずに沸騰させて、アルコール分をよく飛ばしましょう。

・ワイン

料理酒はないけど、白ワインならある。そんな場合は白ワインでも大抵の料理に対応できます。和食には合わないような気もしますが、ワインの風味が最後まで残ることはほぼありません。
ただし、クセのあるワインなどは料理の風味を左右することもあるので、料理酒を使う場合よりも分量をやや少なめにして、様子を見ながら使いましょう。

・焼酎

料理によっては臭み消しや風味付けに使えます。ただし、料理酒がアルコール度数14度程度なのに対して、焼酎のアルコール度数は20度や25度。はるかにアルコール度数が高いので料理酒の代用として使うときは注意が必要です。

例えば、豚の角煮やスペアリブ煮のように長時間煮込む料理の場合は、煮ているうちにアルコールがしっかりと飛ぶのでOK。さっと煮る、炒める、といった加熱時間が短めの調理のときは避けたほうが安心。

料理酒とはまた違った風味が楽しめ、特に肉料理に合います。

・ビール

ビールで煮込む肉料理もあるくらいなので、味が濃い目の肉料理であれば、料理酒の代用として使うことも可能です。コクが出てお肉がやわらかくなり、料理酒同様、食材の臭みも取ってくれます。

・水

煮汁などに水分が欲しい場合、どうしてもお酒っぽいものが何もなければここは水を加えておきましょう。鶏肉なども、臭みがあるときは調理前にしばらく水に浸しておくという方法もあるくらいです。

料理酒を代用する際の注意点が知りたい!

料理酒を前述のような材料で代用する場合、分量は料理酒とほぼ同じ量で構わないのですが、注意したほうが良いのは、クセのあるワインやビール。この場合は、少量から加えるのがよいでしょう。
また、水の場合はうま味がやや劣ることがあります。

料理酒じゃなくても美味しく作れるおすすめレシピ

料理酒がなくてもなんとかなる、もしくは代用品でむしろ目新しく作れるといったレシピが、暮らしニスタにも届いています。ふだんのおかずのバリエーションも広がりそうな5つのレシピをお届けします。

簡単お手軽『炊き込みお芋ご飯』栗みたいでホクホク美味しいです♪

【材料】

米…3合
さつまいも…1本
料理酒、めんつゆ…各大さじ1
塩…少々

甘くてホクホクのさつまいもがおいしい炊き込みご飯。料理酒がなければ日本酒で代用OK、もしくなしでもおいしくできちゃうというお手軽レシピです。さつまいもがおいしい季節に一度は作りたいですね。

https://kurashinista.jp/articles/detail/55514

【レンチン】しっとりふっくら💛サーモンのレモンワイン蒸し #時短 #簡単

【材料 (2人分)】

生さけ(生鮭・生しゃけ)…2切れ
レモン・スライス…4切れ
ハーブソルト ※1…1パーセント ※2
白ワイン(又は料理酒)…大さじ2
オリーブオイル…大さじ2
★添え野菜の材料
アスパラ…2〜3本

魚の蒸し物も、和風なら料理酒の登場ですが、洋風に仕上げるなら白ワインがぴったり。料理酒の代用というよりは、ワインのほうが合うメニューですね。

https://kurashinista.jp/articles/detail/62886

味付けを変えるだけ!試してみて、塩肉じゃが!

【材料 (4人分)】

じゃがいも…5つ
にんじん…1つ
玉ねぎ…1つ
豚バラ…200g
サラダ油…適量
黒こしょう…適量
ねぎ…少々
塩…大さじ一杯
にんにく…適量
料理酒…30ml
水…400ml
砂糖…大さじ一杯
中華だし…適量

醤油味の定番の肉じゃがよりもお酒に合いそうな塩肉じゃが。料理酒を日本酒に変えてみても、おいしく仕上がります。

https://kurashinista.jp/articles/detail/52493

ランチにいかが〜しじみとフレッシュバジルのスパゲッティ

【材料 (2人)】

スパゲッティ…180g
しじみ…380g
白ワイン(または料理酒)…大さじ2
オリーブオイル…大さじ2
トマト…3個(300g)
青唐辛子(または赤唐辛子)…1個
バジル…10枚
塩…適量

コクと旨味のある良いだしが出るしじみをてんこ盛りにしたパスタ。料理酒かワインでしじみやトマトの旨味をより多く引き出して、パスタにからめます。

https://kurashinista.jp/articles/detail/57677

ほったらかしで簡単‼鶏もものビール煮

【材料 (鶏もも肉 1枚分)】

鶏もも肉…1枚
♦塩…小さじ1
塩、胡椒…各少々
☆ビール…1缶(350ml)
☆水…200ml
☆にんにくすりおろし…小さじ2
☆しょうがすりおろし…小さじ2
☆しょうゆ…大さじ3
☆さとう…大さじ2

鶏肉の臭みをとり、ふっくらやわらかく仕上げてくれるビールは、もはや料理酒の代用というより、ビールでなくちゃの域。煮込んでいるうちにアルコール分が飛ぶので、お酒に弱い人でも大丈夫です。

https://kurashinista.jp/articles/detail/43047

まとめ

なんとなく、手元にないと不安な料理酒ですが、うっかり切らしても代用できる何かがあればOKと思えば気持ちもラク。とはいえ料理の腕をグンとアップさせてくれるアルコール類は、食卓を預かる者には強い味方です。いずれかの代用品は常備しておくようにすると安心ですね。

文/伊波裕子