池袋サンシャイン水族館に新クラゲエリア「海月空感」横幅約14メートル、国内最大級のミズクラゲ水槽

写真拡大

東京・池袋のサンシャイン水族館は、新展示エリア「海月空感(くらげくうかん)」を、2020年4月にオープンする。

国内最大級、横幅約14メートルのミズクラゲ水槽

「海月空感」は、水槽の形状や水流、照明、音など空間全体への演出の数々で、クラゲ最大の魅力である“浮遊感”や“ゆったり感”を、より一層強く感じられる新たなクラゲの展示エリア。

中でも、約14メートルの横幅を持つミズクラゲの展示水槽は、クラゲの展示としては国内最大級の大きさを誇る注目の展示。水槽を大きく弧を描いた形状にすることで視界全体にクラゲが広がり、まるで暗い海の中でクラゲに包まれているような没入感が楽しめるという。

施設情報

サンシャイン水族館 新クラゲ展示エリア「海月空感(くらげくうかん)」
オープン時期:2020年4月
場所:サンシャイン水族館(東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上) 館内1階

【問い合わせ先】
サンシャイン水族館
TEL:03-3989-3466


[写真付きで読む]池袋サンシャイン水族館に新クラゲエリア「海月空感」横幅約14メートル、国内最大級のミズクラゲ水槽

外部サイト

  • すみだ水族館「雪とクラゲ」美しい冬の都会にクラゲ浮かぶ幻想空間
  • 京都水族館が初の大規模リニューアル、約20種5,000匹の新クラゲ展示エリア誕生
  • 東京都内デートスポット - まったりorアクティブ?雨でもOKな水族館や遊園地、夜景を望む展望台も