ラグビーのアイルランド代表【写真:Getty Images】

写真拡大

12日、アイルランド―サモア戦開催の博多の森球技場のピッチ状態が海外で話題に

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会、A組2位のアイルランドは12日唯一の開催となる、福岡でのサモア戦で決勝トーナメント進出を目指す。この試合の舞台となる博多の森球技場だが、ボールを“隠せる”驚愕のピッチ状態が海外で波紋を広げている。

 試合会場でのアイルランドの練習光景を動画で伝えたのは英公共放送「BBCスポーツ・北アイルランド」の公式ツイッターだった。

 博多の森球技場のピッチ上で複雑そうな表情を浮かべるアイルランド代表メンバーたち。なぜか――。ある選手が屈んだ直後に衝撃のシーンが展開された。

 ピッチを掴むと、まるでカーペットのようにめくれ上がったのだ。そして、めくれた芝と地面の間にラグビーボールを入れると、すっぽりと隠れてしまった。いたずらそうな笑みを浮かべながら、ピッチを元どおりにしたが……。

「ところで、フクオカのピッチは…興味深い状況だ。アイルランドの選手はピッチの下にボールを埋めてしまった。前の試合が終わった後に芝を張り替えていた」

 ツイッターではこうレポートしていた。博多では2日にフランス対米国戦が行われ、ダメージを受けたピッチを修復したが、まだ新しい芝は地面に根付いていない様子だった。

海外ファンからも驚き隠せず「バカげている」

 ボールが隠れる芝の状況に、アイルランドファンもSNSで驚きを隠せない様子だった。

「ジーザス。この大会は悪化しているじゃないか」
「狂気の沙汰! 明日の試合で笑い者になる可能性がある。この場所だけの問題で、元どおりになればいいが」
「よくないよ」
「オーマイガッ」
「バカげている」
「もっと酷い状態でプレーすることになるだろう」
「プレー不可能で中止すべき」
「めちゃくちゃだ」
「(カーディフの)ミレニアムスタジアムのいつも通りの芝によく似ているが」
「このピッチが数試合ひどかったので、修復したと言われていた。自分にはそうは思えない」

 めくれ上がる“カーペット状態”の芝だが、試合当日、重戦車軍団のアイルランドの重さに耐えることができるのか。選手の足元にも注目が集まりそうだ。(THE ANSWER編集部)