久保建英

写真拡大

 「スペイン1部リーグ、マジョルカ0−0ビルバオ」(13日、パルマデマジョルカ)

 MF久保建英が後半18分から出場し、膠着状態を打ち破ってPKを獲得。マジョルカに開幕戦以来となる勝利のチャンスを演出したが、味方FWが得点できずスコアレスドローに終わった。

 本拠地ソン・モッシュでデビューを飾った久保が試合後に指令塔ぶりを発揮?並みいる記者を前に司会役まで務めてみせた。

 試合で活躍した選手が会見場に姿を見せ、その質疑応答でのこと。最初に地元マジョルカの取材陣の質問に答えていったが、その中のひとつは、記者が状況説明して選手のコメントを引き出すというものだった。こういった形式はスペインではよくあるものの、質問に対する返答をする形式に慣れている日本人にとってはやや面食らった形となったが、久保は「もう一度質問をお願いします」と相手の狙いを聞き直すことで対応した。

 スペイン語での質問が終わると、同席したクラブ広報よりも先に「日本語の質問をお願いします」と司会進行。3つの質問によどみなく答えると「次で最後でお願いします」と見事に会見を仕切ってみせた。