関東地方のセブン―イレブンの店舗で成人誌の販売終了を知らせる掲示=30日

 コンビニ大手のセブン―イレブン・ジャパン、ローソン、ファミリーマートの3社は、成人向け雑誌の販売を全国の計約5万2千店で31日をもって原則終了する。「売り上げが見込める」などの加盟店判断で販売を継続するのはセブンとファミマの計約120店舗で、全体の0.2%程度になる見通しだ。

 女性や子どもが来店しやすい環境を整えるとともに、2020年の東京五輪・パラリンピックを控え、訪日客のイメージ低下を避けるのが狙い。空いたスペースには子ども向けの本を並べるなど、客層に応じて工夫する。

 3社は今年1月に販売中止の方針を示し、品ぞろえの見直しに着手していた。