【韓流スターあの人は今】衝撃の病を告白で兵役から1年。チャン・グンソクは今、どうしている?

写真拡大

2000年代の開始とともに、日本に沸き起こった韓流ブーム。ドラマで火が付いた人気はやがてK-POP人気へとつながり、今では10代たちも熱狂する“第3次韓流ブーム”が起きているが、気になるのはかつて人気だった“あの人”たちのその後だ。

彼ら彼女らは今、どうしているのだろうか。シリーズでお届けする意欲企画。今回は“グンちゃん”の愛称で人気を呼んだ俳優チャン・グンソクの近況を紹介する。

主演ドラマ『美男<イケメン>ですね』(2009年)で韓国はもちろん、日本でもセンセーションを巻き起こし、人気を爆発させたチャン・グンソク。同作が日本で放送されたことをきっかけに、「第二のヨン様」「アジアのプリンス」と呼ばれ、新・韓流スターとして浮上した。

日本では“グンちゃん”の愛称で親しまれ、2011年には歌手デビュー。デビューシングルは海外アーティストとしては史上初となる週間シングルランキング1位を記録し、2012年にはファーストアルバムも発表している。

そんなチャン・グンソクだが、ここ最近はまったくその名を聞かなくなってしまった。韓国でもこれといった芸能活動をしていない。まさに消えてしまった韓流スターだが、それも当然。仕方ない。

というのも、チャン・グンソクは現在、韓国の成人男子の義務である“兵役”を務めるために、芸能活動を一時中止しているのだ。

【注目記事】「えっ、そんな理由で?」兵役を免除された20人の韓国芸能人を一挙紹介

チャン・グンソクが突然の兵役入隊と芸能界休止を発表したのは、2018年7月6日。つまりちょうど1年前のことだが、その発表は驚きでもあった。

というのも、そもそもチャン・グンソクの兵役開始時期については、ファンはもちろん、メディアの関心事だった。

韓国の兵役法には「30歳を超えて兵役を延期できない」という条文があり、それに照らし合わせれば、1987年8月7日生まれのチャン・グンソクは昨年に入隊してもおかしくなかった。韓国で兵役はナイーブな問題だけに、一部では兵役免除資格を得たのではないかという憶測も流れたこともあったほどだ。

衝撃の事実と配属された先の詳細は?

そんな中で昨年7月6日に事務所を通じて突然の兵役開始を発表。

しかも、それと併せてチャン・グンソクが隠し続けてきた衝撃の事実が明らかにされる。

なんと“躁うつ病”を患っていたことも告白。超人気スターが躁うつ病に悩まされてきたという事実はショッキングだった。

この病もあってチャン・グンソクは兵役判定検査で4級判定を受け、軍隊生活を送る代わりの代替え処置として、社会服務要員として兵役を務めることになり、2018年7月16日から4泊5日の社会服務基本素養教育を受けたあと、ソウル消防災難本部に配属されている。

ソウル消防災害本部は、日本でいうところの東京消防庁だ。

社会服務要員は軍隊での兵役生活と違って、自宅から通勤でき土日も休めるなど一般社会と隔離されることはないが、「公務員に準ずる身分」ということになっている。

わかりやすくいえば、勤務している職場の職員と同じような身分だということだ。

つまり、チャン・グンソクは消防職員という立場にある。

詳しい任務については明らかにされていないが、ソウル消防災害本部には「消防行政課」「災難対応課」「予防課」「安全支援課」といったさまざまな部署があり、チャン・グンソクはいずれかの部署にいるわけだ。

そのチャン・グンソク。芸能活動は一時休止中だが、スター時代から地道に続けている慈善活動は兵役中であっても熱心だ。

例えば昨年12月には、低所得世帯が暮らす地域の住人たちに練炭1万3000個を贈っている。今年4月に韓国・江原道(カンウォンド)地域で山火事が発生したときには、被害地域に1億ウォン(約1000万円)を寄付している。兵役期間中であっても「善行」を続けているわけだ。

そんなチャン・グンソクの兵役が終わるのは、2020年6月の予定。

それまでの間、 “うなぎちゃん”(チャン・グンソクの熱狂的ファンたちの総称)にとっては寂しい日が続くだろうが、兵役をしっかりと務めたチャン・グンソクが笑顔で戻ってくるその日が来ることを、静かに待ちたい。