スリムクラブ・真栄田賢(左)と内間政成

写真拡大

 お笑いコンビ、スリムクラブの真栄田賢(43)と内間政成(43)が27日、暴力団関係者の会合で営業して一定の金銭も受け取っていたとして、所属している吉本興業から無期限の謹慎処分を言い渡された。フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」にコメンテーターとして出演する田村勇人弁護士は、芸能事務所と所属タレントのあり方に疑問符を付けた。

 田村弁護士は「闇営業という言葉を2つに分けて考えるべき」とし、無許可営業など事務所を通さない営業と、反社会的勢力との付き合いという意味があると問題点を整理した。

 さらに田村氏は「問題になっているのは反社との付き合い。吉本興業の発表通りだと、反社であることの調査義務だとか、反社であることに気づいた瞬間に逃げる義務がスリムクラブや、先日処分された11人にあるという前提で処分しているのであれば、今後吉本さんがやるみたいに、どうやって逃げるのかどうやって調査するのかということをちゃんとタレントの方に教えてあげないと、タレントが結果だけの責任を問われるのはちょっとかわいそう」と現状の改善点を指摘した。