ビートたけしと離婚協議が成立した元妻・北野幹子さんが18日、代理人の弁護士を通じて報道各社に書面をFAX。たけし側が離婚を成立させるために、幹子さん側に100億円を超える慰謝料を支払ったなどとする報道について反論した。

 また、たけしが出演番組で「お金取られた」などと発言していることについても、「当方の認識とは全く異なります」と主張した。

 一部報道では「200億円以上ともされる莫大な財産をたけしが夫人に渡すことで“決別”」などと報じられ、“日本芸能界最高額の手切れ金 200億円”という見出しも躍るなど、報道が過熱していた。