紅蘭

写真拡大

25日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)で、木村拓哉への、俳優・草刈正雄の娘でタレントの紅蘭(くらん)による「暴挙」が明らかとなった。

番組では、バラエティ番組「さんタク」(フジテレビ系)の企画で前週、木村拓哉が明石家さんまの1日付き人を務めた件を話題にした。

さんまによると番組企画としてある合コンに参加し、木村も同席したという。しかし、企画そのものは午前2時頃に終了したが、その後、泥酔した参加者のひとりの紅蘭が木村に絡みだしたというのだ。

紅蘭は「(まだ)いるだろ?」と場に残ることを強要し、返答に困る木村の腹部めがけて「ちくしょうこの野郎」と何度もボディブローをくらわせたという。また、注意を受けても紅蘭は「関係ないっしょ」と言い放ったとのことだ。

さんまは「めっちゃ面白い」と当時を振り返りつつ「女性タレントが記憶なくなるくらい酔ったらアカンやんか、収録中に」と、紅蘭の態度に苦言を呈していた。

【関連記事】
木村拓哉が同業者からされて嫌なこと「キムタク」呼ばわりに不快感
木村拓哉がインプラント手術を告白…13年間は奥歯がなかった
明石家さんま 木村拓哉から失態を注意されたと明かす「直接怒られました」