3月に番組を降板し、4月15日に肺がんで亡くなった愛川欽也さんの後を継いで、『出没!アド街ック天国』(テレビ東京)の司会に就任したV6・井ノ原快彦(38才)。ネット上では、長年レギュラーを務める薬丸裕英(49才)との関係性に注目が集まっていた。

 井ノ原と薬丸といえば、もともとはジャニーズ事務所の先輩後輩という間柄だが、それ以上に注目を集めたことがある。

「薬丸さんが昨年3月まで17年間、司会を務めてきた長寿番組『はなまるマーケット』(TBS系)が終了した最大の要因といわれているのが、井ノ原さん司会の『あさイチ』(NHK)でした。2010年に同時間帯、同じコンセプトで始まった『あさイチ』に、『はなまる』は視聴者を奪われ、最後は視聴率が3%台に低迷してしまったんです。

 薬丸さんは“50才までやりたかった…”と語っていたと伝えられているように、『はなまる』には強い思い入れを持っていましたから、その番組終了の原因となった井ノ原さんが自分を差し置いて、突然、『アド街』の新司会になることを快く思っていないのではという声が数多く聞こえました」(芸能関係者)

 しかも、薬丸には“前科”もある。『はなまる』時代には、ともに司会を務めた岡江久美子(58才)と“机の下で足の蹴り合いをしている”といった“不仲”報道が何度も伝えられてきただけに、今回も…。

 井ノ原司会の初回放送では、こんなやりとりがあった。

薬丸:「肩書あるからいいじゃない。われわれなんなんですか。何にも肩書ないですよね」
井ノ原:「先輩! よろしくお願いします!」
薬丸:「後輩頑張れ!」
井ノ原:「むしろ、ぼくがちょっとジタバタしてたらよろしくお願いします」
薬丸:「そしたらみんなでWAになって踊ろうよ!」

 ブーブー文句を言いつつも、井ノ原にエールを送る先輩・薬丸。さらに井ノ原のお願いにも快く応じた。

井ノ原:「“ヤックン”とお呼びしてよろしいですか?」
薬丸:「なんでもいいよ!」

 そして、その翌週の4月11日放送では…。

井ノ原:「ヤックンはどうでしょうか」
薬丸:「…ヤックン?(怒)」
井ノ原:「先週いいって言ったじゃないですか!?」
薬丸:「いいよいいよ(笑い)!」

 薬丸は“因縁”を上手に利用しながら番組を盛り上げたのだった。

「薬丸さんは井ノ原さんが『アド街』の司会になったことは全く意に介していないようです。むしろ“長年、愛川さんが築き上げてきた『アド街』を守っていかなきゃ! それが自分の役目だ”と気合が入っているようです」(薬丸の知人)

※女性セブン2015年4月30日号