10日、漫画家の加藤マユミ氏が自身のTwitter上で、関西と東京のとある感覚の違いを表現した漫画を投稿した。

その漫画はコミュニケーションをめぐるもので、関西人は「罵られたり自虐ネタがウケた時はオイシイ」との感覚を持つが、東京の人は「失礼」という感覚を持つとし、「関西のみなさん」に対して上京する際には気をつけるように注意を促している。 漫画の最後に「上京したての頃よく失敗した」と書かれており、加藤氏本人の体験談とみられる。

この加藤氏の投稿は、12日16時台の時点で1万7000RT以上されており、大きな反響を呼んでいる。

だが、「関西人はみんな」とひとくくりにされたことに対する異論もあったようだ。加藤氏はその後、「自分と周りの体験のみを『みんな』と表現してしまった事」について詫びている。 もっとも、賛同する意見も多数あった。加藤氏は多数寄せられた共感にも、感謝を述べている。 【関連記事】
漫画家がTwitterに投稿した「安全な組体操の技」に大きな反響
山里亮太が西野亮廣のTwitter休止を罵倒「お前は何してもダサい」
堀江貴文氏 楽天・三木谷浩史社長を「遅れてる」と評価
TBSラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」が一部地域で放送されないトラブル
松本人志が「キングオブコント2015」で若手芸人に対して厳しい評価