「プロ野球ドラフト会議」(17日、グランドプリンスホテル新高輪)阪神が球団史上53年ぶりに、1位から5位まで高校生を指名した。しかも、甲子園で活躍したスターを続々と獲得に動いた。阪神が上位5選手を高校生で指名したのは1位・江夏らの66年以来となった。まず、星稜・奥川恭伸投手は抽選で外したが、外れ1位で高校ビッグ4のひとり創志学園・西純矢投手の交渉権を獲得。矢野監督は西について「タイガースファ