武田信玄(たけだしんげん)と並び称される戦国時代の名将・上杉謙信(うえすぎけんしん)は、兵略の天才であり、「軍神」といわれました。謙信も信玄に負けず劣らず人気がありますが、その理由の一つは死を恐れない勇将ぶりにあるといっても過言ではないでしょう。それは、北条氏の小田原城を攻めた際のこと。上杉軍が小田原の蓮池の端に馬を置き、弁当を食べてお茶を飲んでいると、敵が鉄砲を撃ってきました。弾は謙信の袖鎧をか