サンプドリアの指揮官に就任することが決まったと思われたセルビア代表のシニシャ・ミハイロビッチ監督だが、セルビアサッカー連盟の公式サイトでこのように話している。

「イタリアメディアが報じていることは正しくない。私はサンプドリアと合意していないんだ。私はセルビア代表の監督のままであり、セルビア代表監督でいる限りは、ほかのチームに関する話には関わらない」

ミハイロビッチ監督は14日朝、セルビアサッカー連盟の幹部たちと会っている。そのため、サンプドリアとサインするためにセルビア代表指揮官を退任することについて、合意できなかったのかもしれない。いずれにしても、すべてが来週に延期されただけという可能性も排除はできない。

「私はロシアとの試合(15日)に最大限に集中している。我々はとても強いチームと対戦するのだからね。サンプドリアや、そのほかのクラブが出てきたとしても、常にセルビアが先だ。フレンドリーマッチ2試合を終えてから、私はセルビアサッカー連盟の幹部たちと話す。そして、何をすべきかを見てみよう」

ロシア戦を終えると、ミハイロビッチ監督は19日に会見に臨む。サンプドリアは待つのだろうか。