第二子妊娠中に出血…! 妻にワンオペ育児を強いる「最低夫に下った天罰」【後編】

写真拡大 (全3枚)

大企業に勤める転勤族の夫と結婚し、第一子に恵まれた純菜さん(仮名)。しかし、夫は仕事を理由に育児も家事も一切協力してくれず、純菜さんにすべて押しつけてきたそう。その生活が続いたことで純菜さんは鬱気味になったと言いますが、その最中に、夫からの強い希望で二人目の妊活に入りました。しかし夫は妻が二人目を妊娠したあとも家庭にまったく関わろうとせず、純菜さんはどんどん追い込まれてしまったと言います。今回はメンタル心理カウンセラーの並木まきが、そんな壮絶な体験をした女性のエピソードをご紹介します。

二人目を妊娠してもワンオペ育児を強いる夫…

「二人目ができたら、夫も少し変わってくれるかも」という期待から、夫の希望を受け入れる形で第二子の妊活を開始した純菜さん。そのあと、第二子を妊娠するも生活は変わらず、次第に純菜さんの心と体は悲鳴を上げ始めたのだそう…。

「そのころ、私は赴任先で就職した中小企業で働いていました。夫が大企業勤務で十分なお給料をもらっているとはいえ、社会との関わりを持ち続けたかったのと、二人目が生まれたら養育費がもっとかかるだろうと思い、二人目の妊活とほぼ同時に息子を保育園に預けて仕事を始めていたんです。

だけど二人目を妊娠したら、どうも体の調子が悪く、思うように働くことができず…。会社と相談して時短勤務に切り替えてもらい、出産までの間も仕事を続けさせてもらうことにしたんです」

ところが、もともと夫に対して不満があった純菜さんは、二人目を妊娠しても変わらない夫を見てメンタルが不安定になり、鬱っぽい自分にイライラする毎日を送っていたといいます。

さらに、妊娠中の体には仕事とワンオペ育児や家事が負担になってしまったようで、純菜さんは妊娠中に出血してしまい、急いで病院に駆け込んだところ、医者から切迫流産の診断を受けたそう。

「このままだと赤ちゃんが危ないかも」

「そんな状況で『このままだと赤ちゃんが危ないかも』と伝えても、夫は第一子である息子の面倒を見ないどころか、家事もしないんですよ。それで我慢できなくなった私は実家に相談し、帰省することにしました。

夫はそのときですら『帰省したほうが君も楽だろうし、よかったよ』なんて呑気なことを言っていましたね」

純菜さんはそのあと、実家の近くの病院で第二子である娘を出産。驚くことに、出産後も夫はほとんど純菜さんの実家に顔を出さないままだったそうです。

「そんな夫と離れたことで、私は夫がいなくても生きていけることに気づいてしまいました。要するに、愛想が尽きたってことですよね。

今はまだ息子と娘が小さいので離婚に踏み切っていませんが、私がきちんと仕事に復帰できるようになったら離婚しようと考えています。

ちなみに、夫は先日、痛風を発症したそうですよ。激烈な痛みで2、3日は全く歩けない状態になったそうです。そんな夫から『家のことができないから、助けてくれ』って連絡がきましたが、それでも私は夫のもとには帰りませんでした。

そこで夫は、初めて妻と子どもの存在の大きさに気づいたと言っていましたが、それが本当なのかも疑わしいと思っています。私のなかではまだ夫を許すことができませんし、おそらくこの先も許せないんじゃないかなって気がしていますね」

ワンオペ育児をしながら仕事に家事にといろんなことを妻が一人でこなさなくてはならない環境は、想像以上に過酷でしょう。体や心が悲鳴を上げ始めてからも無理をして頑張り続けてしまうと、後悔する結果になってしまう恐れも。夫にきちんと話をしても理解や協力を得られないのであれば、純菜さんのように自分の心や体を最優先に考えた選択をしたほうがいいのかもしれません。

©d3sign/golfcphoto/gettyimages

文・並木まき