瀬戸大也、萩野公介とのデッドヒート制して優勝「公介とのレース楽しい」

ざっくり言うと

  • 8日の日本選手権兼東京五輪代表選考会における男子200m個人メドレー決勝
  • 瀬戸大也が萩野公介とのデッドヒートを制し、1分57秒41で優勝
  • 「やっぱり公介とレースするの楽しいですし、刺激にもなる」と笑顔を見せた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x