旭日旗と星条旗。そして三浦春馬。よくわからない……。

写真拡大

 アメリカ大統領選においてトランプの敗色が濃厚になった昨年(2020年)11月から、日本でもトランプ支援デモがおこなわれるようになった。米国内で極右的な陰謀論を信奉するトランプ支持者の集団「Qアノン」をもじって、ネット上では「Jアノン」とも通称されている彼らの、正体は果たして何者か。今年春に『現代中国の秘密結社 マフィア、政党、カルトの興亡史』(2月6日刊)、『「低度」外国人材 移民焼き畑国家、日本』(同3月2日刊)などの刊行を控えたルポライターの安田峰俊氏が、Jアノンたちの「秘密」と外国人の関与に迫った。

 ***

【写真】現場の異様な光景

 2021年1月17日、私は福岡の街を歩き続けていた。南国にもかかわらず最高気温6度という寒さに加えて、新型コロナ流行にともなう緊急事態宣言の発令もあって、市内の人通りは少なく街の活気は乏しい。──いま追いかけている目の前のデモ隊を除けば、である。

旭日旗と星条旗。そして三浦春馬。よくわからない……。

「バイデンは、トランプの票を盗むな!」

「トランプは、法と秩序を守る善の大統領だ!」

「中国共産党による不正選挙介入を、追及しよう!」

「ゴッド・ブレス・トランプ!」

 大きな掛け声とともに、巨大な星条旗と日の丸が何本もはためくなか、「密」になった隊列が延々と伸びている。なかには、数は少ないものの緑色の台湾旗(台湾独立運動で使われる旗で日本の右派系デモでも使用される)や、巨大な旭日旗を持つ人もいた。

 なお、旭日旗を持っている男性はマスクを着用しておらず、チベット旗・東トルキスタン(ウイグル)旗・南モンゴル旗・満洲国旗と「人権・信仰」と書かれた文字がプリントされた腕章を付けて歩いていた。星条旗と旭日旗が同時に掲げられた下で、満洲国旗の腕章をつけた人が「ゴッド・ブレス・アメリカ!」などと叫んでいる光景はかなりシュールだ。

人数は約250人?

 行進は5梯団にわかれて実施された。出発前集会時点での1梯団の目算の人数から単純計算すると、参加者数は約250人。ただしデモ開始後の印象ではもうすこし多そうに思えた。日本国内のデモとしては(しかも地方都市のデモとしては)まずまずの規模と言っていい。

 デモのルートは天神の中心部をぐるっと回ってから中洲を抜けるもので、歩く距離も2・5〜3キロ程度はあったように思えた。隊列は数百メートルにわたって延々と続き、視覚的なインパクトはかなり強い。

 デモの主催者はこの手の活動をやり慣れている印象で、梯団ごとにトラメガを持ったコーラー(スローガンの叫び役)が配備され、特に先頭の第1梯団のコーラーは滑舌がいい。長時間のデモでも、声が嗄れる様子はない。

「……なんなの、この人たち?」

 平時と比べれば数は少ないものの、日曜午後の天神には通行人もいる。私がカメラを片手にデモ隊を追い続けていると、戸惑う若者の会話が耳に入ってきた。「なんでアメリカ大統領のことで福岡でデモやってるんだよ」などという疑問を口にする声も聞こえる。まさにその通りだと思うが、取材者としては追いかけざるを得ない。

ディープ・ステートは中国共産党と結託している

 わが国では言論と思想信条の自由が保障されている。アメリカ大統領選の結果に不満を持ち、日本でトランプを応援するデモをおこなうこと自体は、決して「悪い」ことではない。ただし、仮にデモの参加者たちが奇妙な主張を掲げていたとすれば、他者がそれを批判する自由もやはり保障されているはずだ。

 事実、この日の福岡のデモ参加者は、開始前集会の集合時間である13時30分(福岡市内警固[けご]公園集合)から、デモ終了後の集会(冷泉公園)がおこなわれていた16時ごろまで私が密着して観察していた限り、ネットなどで「Jアノン」と揶揄されるのもやむを得ない気がした。なぜなら、彼らの主張はほぼ、本家のQアノンと同じだったからだ。

 たとえば開始前集会でマイクを握った男性の1人は、アメリカを影で支配するディープ・ステート(闇の政府)はロスチャイルドやロックフェラー、中国共産党と結託しており、GAFAを丸め込んでバイデンを支持している──、といった演説をおこない、大受けしていた。

 他にも、開始・解散時の集会で同様の演説をおこなう人が何人かいた。また、悪魔化したヒラリー・クリントンが子どもを襲っている「ピザゲート事件」(前回大統領選の際にネット上で唱えられた、ヒラリー陣営関係者がピザ屋を拠点に児童性的虐待や人身売買に関係していたとする陰謀論的なネガティブキャンペーン)のイラストを掲げるデモ参加者もいた。

「大統領選ではない」「善と悪の戦いだ!」

 プラカードの文言も興味深かった。主催団体が配った星条旗や、アメリカの大統領選で使われたトランプを応援するプラカードを持つ人も多かったのだが、自作かそれに近いと思えるカードやうちわを手に参加している人も少なからずいたのだ。

「寝ても覚めてもトランプ! トランプ!」

「フェイクニュースを止めろ!」

「これはもう大統領選ではない 善と悪の戦いだ!」(注:こちらは団体支給らしきカードだった)

 私は香港や台湾を含めて、過去にデモを観察した経験が比較的豊富である。

 この日のデモは、たとえば日本国内で労組が動員をかけておこなっているようなデモと比べると、奇妙な活気を感じさせるところがあった。少なくとも一部の参加者については、自分の意志でデモに来ている熱心さも感じ取ることができた。

なぜか子どもの参加者が……?

 いっぽう、奇妙な特徴もあった。デモ隊は50〜60代くらいの質素な身なりの人たちが比較的多かったが、幼児や小中学生と見られる子どもも合計20人程度見られたのだ。

 彼らは揃ってやる気がなさそうで、退屈な学校行事をこなすときのような表情でテクテク歩いている。

 子どものそばを歩く母親の姿も印象的だった。

 彼女らは令和時代の日本の30代のママとしては奇異に覚えるほど、化粧っ気やおしゃれな雰囲気が極端に薄かった。「色気」をまったく感じなかったのだ。

 子育てにともなう生活上の疲れとは別種の、なにかに強く疲弊しているような独特の覇気の無さが印象的な人たちだった。

 ヤル気満々の人と、退屈そうな子どもと、生気を抜かれたような母親が、同じデモのなかでともに歩みを進めているのが、福岡のトランプ支援デモなのである。

 ちなみに、この日のデモの主催者は「日本の自由と平和を守る会 福岡」である。協賛しているのは、過去にも東京などで何度か同様の活動に携わっている「トランプ米大統領再選支持集会・デモ実行委員会」という組織だ。

 いずれも耳慣れない団体だが、両面カラー印刷のビラと、多数の星条旗やプラカードを準備し、デモ隊を梯団に分けたりハイレベルなコールをおこなったりと、「デモ慣れ」を感じさせる謎の集団である。

 また、彼らはネット右翼・保守系の政治主張を掲げているとはいえ、往年の「行動する保守」のデモや、ゼロ年代末に流行した三民族連帯系のデモ(日本の右派が主導したチベット・ウイグル・南モンゴルなど中国国内の少数民族の支援デモ)などとは肌感覚が違うように思えた。

 すなわち、ドロドロしたヘイト系の主張がまったくなく、日本国内の左翼勢力への批判も比較的弱い。特に朝鮮半島への攻撃的な文言は一切見られなかった。

統一教会の分派組織と多数のメンバーの名が重複

「福岡のデモについて、フェイスブックの公式ページで代表者として公開された人物A氏の電話番号を調べると、『日本サンクチュアリ協会』という新宗教の福岡県内の教会の代表者である人物の番号と一致します」

 カルト宗教問題に詳しい『やや日刊カルト新聞』被告人兼総裁のジャーナリスト、藤倉善郎氏はこう解説する。

 なお、このA氏は福岡デモ前の集会で「日本の自由と平和を守る会 福岡」の肩書でマイクを握り、演説をおこなっていた。

「また、福岡のデモで司会とコーラーをおこなっていた人物と同姓同名の女性が千葉県内にある日本サンクチュアリ協会の教会施設の代表であることも確認されています」(藤倉氏)

 さらに藤倉氏によれば、11月12日に官邸前でトランプ支持の街宣活動をおこなっていた「日米同盟強化有志連合」や「自由と人権を守る日米韓協議会」も、それぞれ日本サンクチュアリ協会とのメンバーの重複がみられるという(これらの組織名は福岡の集会で配られたビラ内でも登場していた)。

 なお、日本サンクチュアリ協会(正式名称:世界平和統一聖殿日本本部)は、反共保守系の政治主張と強引な資金集めで知られる韓国系新宗教「統一教会」の分派である新宗教団体だ。

 彼らは統一教会の創始者である文鮮明の息子・文亨進の系統の教団で、アメリカのペンシルベニア州に拠点を置き、政治的にはトランプ政権の支持を明確に打ち出していることで知られている(『クーリエ・ジャポン』の「合同結婚式には小銃を持参せよ─統一教会、文鮮明の息子は語りかける」という記事が参考になる)。日本サンクチュアリ協会はその傘下組織だ。

 なお、出発前集会で司会を務めていた女性は、コロナ禍にもかかわらず、トランプを支持するため3ヶ月にわたりアメリカの「ペンシルベニアに渡った」とスピーチしていた。

 仮に彼女が千葉県内にあるサンクチュアリ施設の代表者と同一人物であるとすれば、この訪米も同州に拠点を置く米国サンクチュアリ協会のツテをたどったものだったのかもしれない。

 福岡デモにおいて、主催者側から妙にデモ慣れした気配が感じられるいっぽう、(やる気がない)子どもの参加者や疲弊した雰囲気の母親の参加者がいたことも、彼らがみな統一教会系の新宗教団体の信者であるためだと考えれば腑に落ちる部分がある。

サンクチュアリ以外の参加者もいる

 ならば、福岡をはじめ日本国内各地でおこなわれている、「トランプ米大統領再選支持集会・デモ実行委員会」系のデモは、すべて日本サンクチュアリ協会が信者を動員しておこなっている運動なのだろうか? どうやら、それも違うようである。藤倉氏は言う。

「日本サンクチュアリ協会はさほど大きい組織ではありません。福岡のデモに参加した250人以上の人たちの大半が信者ということは、考えにくい気がします」

 事実、私がデモ現場を眺めたときも同様の印象を持った。参加者のなかには新宗教団体から動員されたらしき人もいるが、いっぽうでデモに対して主体性を持って参加しているように見える人も少なからずいたからだ。親米保守やネット右翼的なイデオロギーを持つ人が、個人で参加しているケースは充分にありそうに見えた。

 そもそも、本来は中国ルポライターであるはずの私が、わざわざ福岡に飛んでトランプ支援デモを追いかけていた理由も、一連のデモにどうやら、統一教会系の諸組織や幸福の科学といったベーシックな反共イデオロギーを持つ新宗教団体以外に、中華系らしき政治勢力が加わっているケースがあるという噂を聞いたためである。

 事実、11月29日に都内でおこなわれたトランプ応援デモを取材した藤倉氏の証言によれば、このときはかなり(反中国共産党的な)中華色が感じられたらしい。日程や場所によって中華系参加者の比率が変わるのは、彼らが必ずしも「運営側」にいないことを示していると考えていいが、それでも興味深い現象だ。

 すなわち、中国公安部から「邪教」認定を受けた疑似宗教団体で反共イデオロギーを掲げる気功集団「法輪功」や、中国共産党と対立してニューヨークに亡命中の元政商・郭文貴が2020年6月4日に提唱したサイバー反共国家「新中国連邦」のメンバーやシンパの参加が見られたようなのである。

(なお、法輪功と新中国連邦はいずれもちょっとアクの強い人たちであり、それぞれに傘下メディアを通じて新型コロナ関連のフェイクニュースを流した前例もあるので、個人的には中華版陰謀論者の「Cアノン」と呼びたいところだ。)

鬼滅好きの中国人女性YouTuberを発見!

 福岡デモでは、残念ながら法輪功や新中国連邦の組織的な参加は確認できず、中国ルポライターとしての立場からすれば、やや空振り感があった。

 だが、デモ後に最寄りの地下鉄駅で張り込んで参加者たちをチェックしていたところ、なんと東京から午前の飛行機でやって来て、夕方の飛行機でまた帰京する(=今回のデモのためだけに福岡まで日帰り往復する)という、気合の入った中国人女性の参加者を捕まえることができた。

「Make America great again」の赤い野球帽にシナモロールのぬいぐるみをくっつけていた彼女は、30代の在日中国人のYouTuberだ。チャンネルを見せてもらうと『鬼滅の刃』の禰豆子のコスプレ動画と複数回のトランプ支援デモ参加動画が投稿されていた。

 彼女は個人の判断でデモに参加しており、「Cアノン」系組織には好意的ではあるものの無関係。日本サンクチュアリ協会については存在すら知らないようだった。ちなみに、中国共産党を嫌悪する反体制派中国人の一部から、トランプは強く支持されている。

「バイデンが票を盗んでいるのに、FBIもCIAも故意に無視している。このままではディープ・ステートがアメリカを共産主義国家に変えてしまうでしょう。これは中国とまったく同じ。もしもアメリカまで中国共産党の浸透を受けてしまえば、私たち中国人はもはや永遠に中国共産党の統治のくびきを脱することができなくなってしまいます」

 彼女はもともと政治に関心が薄いタイプだったそうだが、「武漢肺炎」(=新型コロナウイルスの反体制派中国人の間での呼称)の流行を契機に目覚めてしまったらしい。ディープ・ステートの存在についても「陰謀論」だとは考えておらず、「真実」であると堅く信じている。

「こうした活動は非常に重要。立ち上がらなくてはならないと考えて、個人の立場で参加している中国人や香港人は他にもいますよ」

混ぜるな危険!

 日本における「トランプ米大統領再選支持集会・デモ実行委員会」系のデモそれ自体は、反共保守的なイデオロギーを持つ統一教会系の新宗教団体がお膳立てをおこなっている可能性が非常に高い。

 ただ、そこに在野のネット右翼や反体制派の中国人、さらに「Cアノン」諸組織といった雑多な人たちも大量に合流もしくは便乗しており、結果的に非常にカオスなムーブメントが作り出されている。

 アメリカのQアノンに負けず劣らず、本邦の「Jアノン」もかなり不思議な集団だと言えよう。

安田峰俊
1982年、滋賀県生まれ。中国ルポライター。立命館大学人文科学研究所客員協力研究員。『八九六四 「天安門事件」は再び起きるか』(KADOKAWA)が第五回城山三郎賞、第50回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。近著に2021年2月6日刊の『現代中国の秘密結社』(中公新書ラクレ)、3月3日刊の『「低度」外国人材』(KADIOKAWA)を控えている。

週刊新潮WEB取材班編集

2021年1月19日 掲載