楽天に移籍する高田(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 巨人が楽天に放出した高田は高卒4年目。2018年にイースタン・リーグで11勝を挙げ、最優秀防御率、最多勝などを獲得した。最速154キロで「松坂2世」とも称される有望株だった。

山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

 楽天の石井GMも高田について「かなり有望。イースタンでは知っている中でトップレベル。これからローテーションに入ってくる逸材。今年大学4年生でドラフトにかかったとしたら1位、2位で消える逸材」と褒めちぎった。

 一方、巨人の大塚球団副代表は「高田は次期ローテーション投手。結構悩んだ。(原)監督も生かす道があるなら探した方がいいんじゃないかということだった」と明かした。

 侍ジャパン経験もある高梨を獲得した巨人が得をしたように見えるが、そうとも言い切れない。高校球界で「巨人離れ」が加速しそうだからだ。さる球界関係者がこう言うのだ。

「スカウトのひとりは、ある強豪校の監督から『育ててくれないなら、巨人さんは指名を遠慮して欲しい』と言われたことがあるそうです。最近でこそ、坂本以外にも岡本(6年目)や戸郷(2年目)といった高卒選手が台頭しているが、それでも他球団と比べれば、チャンスは少ない。FA補強など即戦力が重宝され、ただでさえ高卒選手に冷たい球団といわれていますから」

 さらに、アマ球界からの人望が厚かった長谷川スカウト部長が3月いっぱいで職を解かれたことも大きいという。

「15年から16年の野球賭博事件以降、巨人のスカウトは現場で冷遇されてきましたが、『長谷川さんがそう言うなら預けます』というアマチュア関係者は多かった。そんな部長がいなくなり、高卒有望株を3年ちょっとで放り出したことで、スカウトはまた、現場でつらい思いをするかもしれません」(前出の関係者)

 高校球界の「巨人嫌い」に、拍車が掛かりそうである。